カラートリートメントはドラッグストアよりネット通販がおすすめ!その5つの理由-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > カラートリートメントはドラッグストアよりネット通販がおすすめ!その5つの理由
tsuhan
カラートリートメントはドラッグストアよりネット通販がおすすめ!その5つの理由
  • facebook
  • twitter
  • LINE
ドラッグストアで購入すべきでない理由とは!?

colortreatment_net

ドラッグストアに行くと、ファッションカラーや白髪染めのコーナーにカラートリートメントやヘアマニキュアも置かれているのが当たり前になってきましたよね。
価格も1,000円前後からあり、とても手軽に買えそうです。
ネット通販の商品に比べると安価なものが多いのですが、この差はどこから来るのでしょうか。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

カラートリートメント人口が増加中

zouka

最近は、白髪用のカラーリング剤は2剤式のカラーリングだけではありません。
ヘアマニキュア、カラートリートメント、一時染毛料などがあり、髪により優しいということで2剤式以外の方法で染める人が増えているのです。

「トリートメントしながら白髪をカラーリング」が当たり前に

2剤式白髪染めを続けていると、髪に段々元気がなくなってきたと感じる人は多いようです。
特に、市販のものを使用するとツヤがなくなった、手触りが悪くなった、変に広がるようになった、枝毛や切れ毛が増えた…といった不満が多いです。

たとえ髪が傷んだとしても、カットしてしまえば良い…というのは違います。
白髪染めは短期間で繰り返し使用するものです。
白髪が増えてくると、リタッチは2~3週間に、全体染めは1~2ヶ月に一度という頻度になってきます。
すると、いくら毛先をカットしても、ダメージの広がりに追いつかないのです。

さらに、髪と頭皮や細胞は同じタンパク質でできているため、髪が傷む=頭皮が傷む=頭皮を構成し髪を作る細胞が傷むのです。
そのため、傷んだ髪をカットしても健康な髪が生えてくるとは限りません。
染毛を続けていると、細毛や白髪がどんどん増えてしまう可能性があるのです。

そういった状態に悩む人が飛びついたのが、カラートリートメントでした。
カラートリートメントが開発されるまでは大手メーカーのヘアマニキュアがよく知られていましたが、ヘアマニキュアは頭皮につけることができないため、すぐに白髪が目立ってしまうというデメリットがありました。

また、2剤式白髪染めほどではないものの、段々髪がパサパサになってくると感じた人も多かったようです。
しかし、白髪用のカラートリートメントはその名の通りトリートメント成分がたっぷり入っており、染めながら白髪ケアもできます。
そのケア効果が口コミでじわじわと広がって、使用者が増えていったのです。

購入しやすくなった一方、選び方で失敗する人も

最初にカラートリートメントを開発したのは、利尻ヘアカラートリートメントで有名な株式会社ピュールでした。

その後ルプルプやレフィーネなどが参入してきましたが、最初の頃はケア効果はあるものの、白髪染めとして満足できるものとはいえませんでした。
また、2剤式白髪染めと全く同じ方法で使用してうまく染まらなかった人も多く、カラートリートメントの白髪染めとしての評価はそれほど良いものではなかったのです。

しかし、各企業が研究を重ね白髪をカラーリングする効果とトリートメント効果を両立させられるようになってきた頃、大手メーカーも参入してくるように。
大手メーカーには資生堂やホーユー、ロート製薬などがあり、高い技術力と販売力で価格を押さえた製品を、全国のドラッグストアで販売するようになりました。

カラートリートメントという存在を全国に知らしめ、購入しやすくなったという点では高いメリットでしたが、その反面選び方で失敗する人も出て来たのです。

ドラッグストアで購入するメリット・デメリットは

より身近になったという点では功績が高いのですが、ことカラートリートメントに関しては市販のものはメリットばかりではありません。
ここではドラッグストアで購入するメリットとデメリットを見ていきましょう。

すぐに購入できるのがドラッグストアのメリット

・すぐに購入できる

ネットで購入するにはひと手間必要ですし、検索すればするほど色々なメーカーの商品がヒットしてしまうので、悩んで結局ポチしなかったなんてことが結構ありませんか?
ドラッグストアの場合、それほど種類が多くありませんから選びやすいですし、ちょっとした質問も薬剤師にその場でできます。

・手に取って確認できる

不思議なもので、内容がわからなくても手に取って見られるというのはとても安心感があるものです。
また、パッケージに印刷されている色見本は、パソコンやスマホの機種などによって色味が違うということもありません。
いくつものカラーバリエーションから、自分の好みの髪色を確認することができます。
しかもパッケージがオシャレなものも多く、迷った時に判断材料の一つになります。

・大手メーカーの商品や安価なものが多い

販売されているのは主に資生堂やロート製薬、ホーユー、加美乃素本舗など化粧品や医薬品、ヘアケア製品で名の通ったメーカーのものです。
また、1,000円前後の比較的安価なものも扱っている店が多いようです。

ドラッグストアで売られていると、聞いたことのないメーカーの安価なものでも何となく信頼できそうなイメージがあり、買いやすいですね。

ドラッグストアで購入するデメリット

・商品管理が不安

ドラッグストアは入口が大きかったり壁やドアがなかったりする場合が多く、商品が外気にさらされています。
また、毎日多くの人が寄る場所ですから環境が良いとはいえませんし、どんな人がその商品を手に取ったかわかりませんよね。

中にはパッケージをこじ開けて中をチェックするような人もいますから、劣化が早くなる可能性があります。

・製造年月日がわからない

製造年月日が記号などで書かれているものが多く、パッと見て判断できないものがほとんどです。
お店によってはカラートリートメントの回転があまり良くないことも考えられ、数か月以上前の製品を環境の悪いところに置かれた商品を買わなければいけないかもしれません。

・成分をその場で見てもよくわからない

製品のパッケージには成分表が記載されていますが、文字が小さい上にカタカナのオンパレードで、何が何だかわかりませんよね。
成分の中にはアレルギーを引き起こしやすいものもあり、気づかず使用してトラブルになる人が増えています。

・添加物が多い商品が多い

すべてではありませんが、ドラッグストアで販売される商品には添加物が多い傾向があります。
たとえば「ベヘントリモニウムクロリド」や「セトリモニウムクロリド」「ジココジモニウムクロリド」といった刺激の強い界面活性剤が配合されている製品が多いです。
それらの化学成分を使用したほうが安価になりますし、界面活性剤によって染料の吸着力が高くなるという側面はあるものの、肌が弱い人には炎症の原因となります。

また、保存料などの添加物も多めです。
これはドラッグストアという、決して良い環境ではないところに陳列するためです。
温度が一定ではなく、しかも多くの人が出入りする場所ですから、雑菌が繁殖しやすくなります。
それを抑えるため、どうしても保存料や酸化防止剤などの成分が増えてしまうのです。

・割引がない

利尻ヘアカラートリートメントやレフィーネ、DHCなどのように、ドラッグストアでもネット通販でも販売されているものはあります。
しかし、ドラッグストアで購入するとキャンペーンや定期購入による割引制度などの恩恵を受けることができません。

また、不思議なことに、カラートリートメントは白髪染めなどと違ってドラッグストアで割引されることはほとんどなく、たまにセールで安くなったものは売れ残りの在庫処分だったりすることが多いようです。

ネット通販で購入すべき5つの理由

tsuhan

では、ネット通販で購入するとどんなメリットがあるのでしょうか。
代表的な理由5つをご紹介します。

理由その①多くの商品を比較検討することができる

「カラートリートメント」で検索すると、本当にたくさんの商品がヒットします。
その中から選ぶのは大変ですが、各商品にはそれぞれ特徴があります。
染まることが第一か、それともヘアケア重視でダメージへアを改善したいのか、によって選ぶべきカラートリートメントは違います。
自分に合うか合わないか、製品が何を最も重要視しているのか、公式サイトでチェックすることができます。

理由その②製品情報(成分等)の詳細が分かる

カラートリートメントを選んだ人の多くは、2剤式白髪染めで髪にダメージがある人や、アレルギーを発症した人です。
現在はまだ問題がないという人も、白髪染めは皮膚炎を引き起こす成分が多いため、いつ痒みや炎症、発疹などを起こすかわかりません。

また、すでに植物アレルギーを持っている人は、配合成分によっては避けたほうが良い製品もあります。
ですから、成分等の情報はしっかり確認すべきなのです。

もちろんドラッグストアで販売されている製品も成分をすべて明記してあるものが多いですが、スマホ片手にいちいちチェックというのはなかなかできませんよね。

その点、ネット通販ならすべての成分を確認することができます。
成分全部を確認するのは大変でも、主成分や刺激性のある成分をリストアップしてある当サイトなどを利用すれば安全性を確認することができますから、より自分に合った製品を選びやすくなるのです。

理由その③実際に使用した人の評価が分かる

hyouka

公式サイトや総合美容サイトなどを覗けば、各製品の使用者の口コミを読むことができます。
正反対の評価があったりして悩むこともありますが、「よく染まった」「ケア効果が高い」という高い評価を読むと、丁寧にその使い方を解説してくれていることもあります。

また、低い評価の口コミでも、「自分の髪質はこうで、こうやったけれど染まらなかった」「ライトブラウンは結構赤みの強い色味だった」「テクスチャが固すぎて塗りにくかった」など、詳しく書いているものも少なくありません。
自分の髪質や状態と照らし合わせて判断材料にすることができるので、とても有益です。

カラートリートメントは使用者の髪量、髪質、ダメージなどが染まり具合や色落ちに結構影響するので、口コミをチェックすることはとても大切なのです。

なお、短文で「全然良くなかった」など、その理由や使い方が書かれていないものは実際には使用していない人が書いている場合が多いようです。
そういったものは無視しましょう。

理由その④初回限定や定期購入等の割引がある

自分に合うかどうかわからない場合、初回価格が安くなっていると試しやすくなりますよね。
また白髪を染めることを止めない限り、何年もカラートリートメントを使用することになりますから、少しでも安く手に入れたいですよね。

ネット通販の場合、初回限定割引や定期購入割引があるものが多いので、ドラッグストアで購入するよりお得なのです。
さらに、ブラシやビニール手袋などのおまけやためになる小冊子、そのメーカーの別商品のお試しパウチなどがついていることも多いです。

さらに定期購入にすれば、ドラッグストアでありがちな在庫切れということがありませんし、わざわざ買いに行かなくても商品管理がしっかりした工場から定期的に送られてくるので、便利で安心です。

理由その⑤商品によっては返金保証が受けられる

すべてのカラートリートメントではありませんが、中には返金保証を謳っているものもあります。
肌が敏感な人やすでに2剤式白髪染めでアレルギーを発症している人にとって、新しく使う製品が刺激がないかどうか、とても心配ですよね。
また、地毛の髪色や質、量などによっては、希望通りに染まらないこともあります。

返金保証のある製品を選べば、使用前にパッチテストで確認したり、実際に染めて色味を確認したりすることができて、万が一の際にはお金が戻ってくるので安心です。

カラートリートメントのおすすめ人気ランキングTOP5

価格やネームバリューより、髪や頭皮にやさしくダメージを修復してくれるものがいい…そんな髪を大切にする女性のためのカラートリートメントをご紹介します。

自分に合ったカラートリートメントを選びましょう

使用者はすでにご存知だと思いますが、カラートリートメントは2剤式白髪染めのようにしっかりとは染まらず、色持ちも良くて10日、悪いものは3日程度です。
しかし、その代わりトリートメント効果は高いものが多く、単なる表面の保護だけでなく髪を補修する成分が配合されているものもたくさんあります。

当サイトでは白髪ケアの効果が高く、しかも染まり具合が良く色落ちしにくいと高評価な製品を厳選してご紹介します。

第1位:利尻ヘアカラートリートメント

累計販売本数2000万本と、ダントツで人気なのがこの製品です。
カラートリートメントの中では最も染まり具合も色持ちも良く、髪質にもよりますが10日前後持つという人が多いです。

ドラッグストアで販売しているほとんどのカラートリートメントが使用している染料はHC染料と塩基性染料のみですが、利尻ヘアカラートリートメントは植物由来の天然色素を4種類も配合しています。
そのため、定着率が良いだけでなく奥行きのあるカラーリングなのが特徴です。
カラーバリエーションは、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色。

また、28種類もの植物由来のうるおい成分を配合しているので、使うほどに髪がまとまりしっとりしてきます。
さらに利尻昆布のフコイダン、ケラチン、シルク、コンキオリンなどが髪のダメージを修復し、ヒアルロン酸やデンプンポリマーが髪をコーティングして保護してくれます。

無添加で肌にやさしく、濡れた髪にも乾いた髪にも使用できるので手軽なところも人気です。

第2位:ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプもHC染料と塩基性染料のほかベニバナやクチナシ、藍といった古くから使用されてきた植物色素を配合し、深みのある色を作り出しています。

また、ほとんどのカラートリートメントがpHが中性なのに対し、ルプルプは微アルカリ性で、髪が傷みにくく染まりやすいのです。
一度では多少染め残りがあるものの、2~3回で白髪はほとんどわからなくなります。

色持ちは7~8日程度で、カラートリートメントとしてはかなり優秀。
色はブラウン、モカブラウン、ダークブラウン、ソフトブラック。
ただし、一般的に選ばれやすいダークブラウンは赤みが強いので、より白髪を目立たせなくするにはモカブラウンのほうが良いようです。

ルプルプはバイオテクノロジーで有名なタカラバイオと共同開発したガゴメ昆布のフコイダンをトリートメント成分として配合しています。
他の昆布のフコイダンより保水・保湿作用が強く、さらにミネラルで髪と頭皮のコンディションを整えてくれます。

こちらも無添加で、しかもアレルギーパッチテスト済なので、肌が弱い人でも安心して使用できます。
濡れた髪に使用するのが基本ですが、しっかり染めたい場合は乾いた髪でもOKです。

第3位:グローイングショット カラートリートメント

POLAのグローイングショットが使用している染料はHC染料と塩基性染料のみで、他のおすすめ商品に比べると若干色が平板に感じるかもしれません。

しかし色の入り具合と定着率は高く、シャンプー後の濡れた髪にたった5~10分使用するだけで1回目からかなり染まり、3回使用すれば白髪があることがほとんどわからなくなります。
これはPOLA独自のWピグメント処方によるもので、2種類の染料の分子サイズなどを調整することで高い定着率を作り出しているのです。
カラーバリエーションはブラウンとブラックの2色で、ブラウンは赤みがあります。

また、40代以降の女性のスキンケア研究を続けて来たPOLAだけあって、補修成分や頭皮環境改善成分がたっぷり入っており、使用を重ねるとどんどん髪が健康になっていきます。
ツヤやハリ・コシも出るので、特にボリュームダウンが気になる人にオススメです。

第4位:ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナといえばヘアエッセンスでその高い効果が知られていますが、カラートリートメントも同様に非常に高いトリートメント効果があります。
剥がれたキューティクルを補修・保護する真珠貝由来成分コンキオリンと羊毛由来成分ケラチンを配合し、さらにフランスのブルターニュ産海藻エキスを使用し、うるおいを与えてくれます。

その効果は最初にトリートメントを使用し洗い流す時からわかるほどで、髪がスルスルになり、ハリやコシ、ツヤも出ます。

染まり具合は上の3商品に比べると若干劣り5~6日ですが、すすぎの時にあまり長い間色水が出ることがなく、しかも濡れた髪に5~10分つけるだけで良いので、手軽に染めることができます。

HC染料と塩基性染料のほかシコン、ウコン、グアイアズレン(ユソウボク)の3種類の植物色素を使用しており、色はダークブラウン1色。
イエローブラウン系なので、明るめに染めたい人におすすめです。

第5位:マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレは無添加育毛剤が有名ですが、2018年に満を持して発売したのがこのカラートリートメントです。
白髪ケアやヘアケアはもちろん、スカルプケアやエイジングケアもできるので、加齢によって衰えてくる髪の成長や健康を助けてくれます。

また、これまでのカラートリートメントでうまく染まらなかった人でもしっかり色づくよう、染料成分の配合を調節しています。
使用している染料はHC染料と塩基性染料のほか、アシタバ葉やウコン根茎、オレンジラフィー油などで、自然な色味が褪色しにくいよう研究されています。

刺激性の強い8種類の成分無添加で、植物由来原料が94%、さらにアレルギーパッチテスト済みで、肌が弱い人でも負担がかかりにくくなっているのも嬉しいですね。

カラーはブラウンとダークブラウンで、どちらも赤みが弱く、落ち着いた髪色に染まります。

市販されているカラートリートメントから選びたいなら

最初は色々な商品を使ってみたい、手軽に買えるほうが良い…そんな人もいますよね。
そこで、ドラッグストアなどで手に入れやすい商品の中から、そこそこおすすめできるものもご紹介しておきますね。

・資生堂プリオール カラーコンディショナー

シャンプー後5分を3回程度続けることで、白髪が目立たなくなります。
この商品はカラートリートメントというよりヘアマニキュアに近く、使用している染料もヘアマニキュアと同じタール色素です。
そのため、カラートリートメントより色落ちしにくくなっています。

ただ、地肌への吸着力も強いため、染めた後しっかり洗い流さないと肌荒れを起こすことがあります。

・テンスター ヘナカラートリートメント

こちらも、バスタイムに5分を3回程度繰り返すことで自然に染まります。
使用している染料はHC染料、塩基性染料で、ヘナは配合されているものの髪を染めるためではなく、トリートメント効果を高めるために使われています。

染まりやすいという評価があるものの、色落ちも早めなので、週2~3回使用したほうが色が安定します。

・アンナドンナ エブリ カラートリートメント

アンナドンナ エブリは若い人に人気の商品です。
カラートリートメントという名称ですが、実際には「カラーバター」というべき商品です。
カラーバターはカラートリートメントと同じような成分を使用しており、トリートメント成分も配合されていますが、どちらかというと髪色を楽しむというのがコンセプト。

アンナドンナはカラーバリエーションが豊富で、しかもピンクやレッド、ブルー、グリーン、パープルなど鮮やかな色があるのが特徴。
染料はカラーによって違い、塩基性染料のみ、HC染料のみ、タール系色素も併用など様々です。
ただ、ブリーチした髪でないとあまりきれいに色が入らず、色落ちも早めです。

また、トリートメント成分が配合されていますが、白髪用のカラートリートメントほどケア効果はありません。

 
 
カラートリートメントは白髪染めと違い、髪質や髪の状態が染まり具合や持続性を大きく左右します。
また、染料の配合量やバランス、天然色素の配合などによっても差が出るため、ある製品では染まりにくかったがこの製品はよく染まる、といったことが起こりやすいのです。

一度で自分にぴったりの商品を見つけるのは難しいですが、各商品の口コミや当サイトのお勧め商品を参考に、これと思ったものをいくつか試してみてくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,000円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント