【圧倒的な実績】利尻昆布のカラートリートメントは、何故こんなにも人気なのか?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 【圧倒的な実績】利尻昆布のカラートリートメントは、何故こんなにも人気なのか?
tokuchou
【圧倒的な実績】利尻昆布のカラートリートメントは、何故こんなにも人気なのか?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメントの特徴を解説!

カラートリートメントといえば「利尻ヘアカラートリートメント」が代名詞です。
最近は紛らわしい名称の商品まで出てきましたし、それでなくても昆布を使用しているカラートリートメントはたくさんあり、すべて利尻ヘアカラートリートメントの後追いです。

何故これほどの人気なのでしょうか。
今回は、人気の秘密を徹底解剖しました。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

白髪染めの常識を変えた利尻ヘアカラートリートメント

joushiki-kaeta

昔は、髪は草木のエキスを利用して染めていました。
日本の記録では、ザクロの皮や桑の根などを使用していた時代もありましたが、次第に化合物を使ったお歯黒式白髪染めが使われるようになり、なんと10時間もかけて染めていました。

その後ヨーロッパからパラフェニレンジアミンなどの酸化染料が入ってきて、過酸化水素を使用して発色させる方式になったのは1918年だといわれています。

最初は粉末でしたが、1960年代後半には液状になり、白髪染めだけでなくファッションカラーも登場し、1970年代にはクリームタイプが主流になりました。
1980年代にはヘアマニキュアも生まれ一部で人気を博しましたが、主流はやはり2剤式の白髪染めやファッションカラーでした。

そんなヘアカラー業界に新しい風を送り込んだのが、利尻ヘアカラートリートメントだったのです。

カラートリートメント業界を切り開いたパイオニア

利尻ヘアカラートリートメントが発売されたのは2009年6月です。
株式会社ピュールの代表である田中 和江氏が、自身が肌が弱く白髪染めを使用できなかったことから頭皮への刺激が少ない白髪染めの研究を始め、2009年に完成したのです。

とはいえ、最初の頃は染料がしっかり定着せず、無名の企業ということもあってあまり評判が良くありませんでした。
そこでさらに研究を進め、さらに使用者の声をしっかり受け止めて何度もマイナーチェンジを繰り返し、現在の製品となったのです。

初期の製品は塩基性染料という髪の表面をコーティングする染料のみでしたが、現在はHC染料という髪の少し中まで浸透する染料も配合し、さらにクチナシ、ウコン、シコン、アナトーという4種類の植物色素も加えているので、よく染まるだけでなく自然で深みのある色を出すことに成功しています。

この製法をまねた商品は数多く、ルプルプやレフィーネ、ラサーナなどの有名製品も自然由来の色素をプラスしています。

株式会社ピュールはOEM企業でもあります。
OEMとはあるメーカーから依頼を受け、希望通りの製品を研究開発し製造までを請け負い、販売のみメーカーが行なう形態のことです。

他メーカーの希望を叶えるためには、自社製品のみを製造するよりはるかに情報を収集し開発力や技術力、生産力などを磨く必要があります。
そういった経歴があってこそ、完成度の高い利尻ヘアカラートリートメントが開発されたといって良いでしょう。

多くの人を白髪染めの悩みから解放することに

会社の代表者が自分の悩みを解決したいという強い動機があったからこそ、2002年に自社ブランド・サスティを設立してから7年間という長い年月をかけて、利尻ヘアカラートリートメントを開発したのです。

そして、代表者の悩みは他の多くの女性の悩みでもあったため、まだ現在ほどの完成度はなかったにも関わらず、2010年12月には会員数100万人を突破し、2014年12月には250万人以上となっています。

それだけ多くの女性が2剤式白髪染めによる髪・頭皮トラブルで苦しめられ、利尻ヘアカラートリートメントによって解放されたということですね。
2011年度以降、白髪用ヘアマニキュアブランドシェア全国第1位をキープしているのも頷けます。

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

tokuchou

利尻ヘアカラートリートメントはパイオニアとして、様々な特徴を持っています。
それを一つずつ解説しましょう。

無添加や植物由来の原料等、安全性へのこだわり

肌が敏感な代表者であったことが、株式会社ピュールの方向性を決めたといって良いでしょう。
あくまで無添加や天然成分にこだわった製品を自社・他社製品問わず開発製造しているので、高い知識と開発力、技術力があります。

例えば、無添加といっても、化粧品は薬事法上未開封で3年以上変質しないという条件があり、製品の劣化を防ぐ成分を必ず配合しなければ販売できません。
そのため、効果が期待できる成分の働きを活かしつつ、どれだけ添加物を減らせるか、刺激が少なく安全性の高い添加物を配合するかといった問題を徹底的に検証しています。

また、自然由来の原料といっても、人間にとって有害になるものもあります。
そこで成分を詳しく調べたり、文献を確認したりしながら安全性を確かめ、さらに他成分の働きを弱めたり強め過ぎたりしないかも確認した上で、配合の有無や配合量を決めているのです。

→ 利尻ヘアカラートリートメントの配合成分を見る

白髪を染めるだけでなく、豊富な美髪成分を配合

2剤式白髪染めを使用し続けると、髪がどんどんダメージを受けていきます。
髪を染める成分とメカニズムが絶対的に髪を傷めるようにできているため、どんなに有能な美容師が行なったとしても、髪は傷みます。

市販の製品ともなれば、誰が使ってもきれいに染まるように薬剤の量を多くしたり濃度を濃くしたりしているため、そのダメージは非常に強くなってしまうのです。

一度ダメージを受けた髪は二度と元の状態には戻りません。
しかし、利尻ヘアカラートリートメントは補修成分を研究し、完全に健康な状態に戻ることはないものの失われた成分を補給したり、髪をコーティングすることで髪の成分の流出を食い止めたりする効果を出しています。

また、利尻昆布をはじめ28種類もの美髪成分を配合しています。
利尻昆布に含まれるフコイダンの保水効果、アルギン酸の保湿効果、ミネラル補給作用が髪の毛や頭皮に栄養を与えてくれます。

この昆布は代表者自ら北海道の利尻にある協同組合まで行ってチェックしており、品質の良さは折り紙付きです。

また、ローズマリーやオタネニンジン根、ローマカミツレ、オドリコソウなど血行を促進し皮脂をコントロールする作用や、細胞の新陳代謝を促進する作用がある成分などが入っているので、使うごとに髪が健康になり、美髪になっていくのです。

使用者数とリピート率の高さが性能と評価の証し

2009年6月から2017年7月までで累計販売数1,700万本と、他のカラートリートメントとは比較にならないほど高い使用者数とリピート率の高さを誇ります。
ちょっと他メーカーに浮気をしてもまた戻るという女性がとても多く、他製品にはない性能を実感していることがわかります。

利尻ヘアカラートリートメントに対する口コミや評価は

kuchikomi

どんなに人気のある商品でも、合わないことはあります。
また、使用方法が間違っていた、あるいは間違ってはいないけれど他の方法のほうがその人には合っていた、ということもあります。
利尻ヘアカラートリートメントに対する口コミや評価を拾ってみました。

使用者が多い分、口コミや評価は多種多様

美容総合サイト「@cosme」からピックアップしてみましょう。

・シャンプー後に使用したら染まらなかったが、乾いた髪なら10分放置でかなり染まった
・乾いた髪に塗ってから1時間半身浴したら根元まで完全に染まった
・乾いた髪、濡れた髪両方で試したが、1本使ってもあまり染まらなかった
・トリートメント効果は秀逸だが、白髪染めに比べると全然染まらない
・白髪独特のヨレヨレ毛が落ち着いた
・一度ではきれいに染まらないが、ツヤとハリが出たのでびっくりした
・猫っ毛の髪がゴワゴワになってしまった
・ほかの製品のようなニオイがなく、ストレスフリーで良い
・すすぎの際色水は結構出るが、バスタオルには色移りしなかった
・色水が出なくなるまですすいだが、タオルが汚れた
・濡れた手で使用したが、手と爪に染料が入ってしまい落とすのが大変だった
・髪はきちんと染まるが、地肌は染まらないので良い
・髪だけでなく地肌もかなり染まってしまう
・ヘナでもかぶれるのに、これは大丈夫だった
・肌が弱く、地肌が赤くなってしまった

このように、多種多様な口コミや評価があります。
また、染まり具合は良いがトリートメント効果が弱いという人もいれば、染まり具合は穏やかだが髪の毛のハリ・コシ・ツヤ度がとても高い、という人もいます。

→ 利尻ヘアカラートリートメントのレビューを見る

利尻ヘアカラートリートメントの評価が低い人の傾向

評価の中には悪意や何らかの目的を持ったものもあるので鵜呑みにすることはできないにしても、低い評価をつけた人がいることは確かです。

この原因の一つは、2剤式白髪染めのクリームとの色の差でしょう。
2剤式白髪染めは1剤と2剤がどちらも白いのに対し、カラートリートメントは最初から色がついています。

脳は最初に見たものを残像として最も強く記憶に留めるため、白いクリームの白髪染めに比べ、トリートメントの最初に見た色と実際の染まり具合の差がとても大きく感じられるのです。
また、クリームの色が髪色に近くどの程度塗ったかがわかりにくいため、必要な量を塗れていなかった、ということもあります。

※左:2剤式白髪染め  右:利尻ヘアカラートリートメント

また、手軽さを前面に押し出した宣伝を見て、濡れた髪に使用して染まらないと評価する人も結構います。
最初のうちは濡れた髪ではしっかり染まらないことが多く、さらにタオルドライが十分でないと染料が薄まって、濃く染まらないことがよくあるのです。

使用方法が間違っていると思われるものもあります。
利尻をはじめとするカラートリートメントは、2剤式白髪染めと全く同じような使い方ではしっかり染まりません。
白髪染めよりたっぷり目に塗り、十分保温しなければ、特に寒い季節は色が浸透しにくいのです。

もう一つ、染まらなかった、色落ちがすごいと書いている人の多くは、ダメージヘアのことが多いようです。
カラートリートメントは髪質や状態によって染まり具合や定着率がかなり違ってきます。

とくにダメージヘアは染料が入り込みやすいもののシャンプーですぐに色が抜けてしまう傾向があるため、乾いた髪に使用すると、放置後シャンプーした時点でかなり色落ちしてしまうのです。

なお、自分の経験談ではなく、家族や知人が使用して…というものもいくつかありますが、
「何がどう悪かったか」が書かれていないものは、口コミとしては信頼性が薄いです。
髪質や状態がどうか、どういう使用方法だったか、どういうことが起きたか、をきちんと書いてあるものを参考にしましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方とコツ

kotsu

慣れてしまえば簡単なことなのですが、2剤式白髪染めから切り替えたばかりの人にはとまどうこともたくさんあると思います。
そこで、利尻ヘアカラートリートメントの使い方とコツをまとめました。

利尻ヘアカラートリートメントの基本的な使い方

利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー後の濡れた髪と乾いた髪どちらにも使用できます。

<濡れた髪に使用する場合>

①シャンプー後、タオルドライする
シャンプー後、リンスやコンディショナーなどは使用せずすぐにタオルドライします。
水分が多いと染料が垂れてきたり薄まったりしてしまうので、できるだけタオルで水分を吸い取りましょう。

②髪にたっぷり塗る
濡らした手の上かビニール手袋、ブラシなどの上にクリームを適量取り、白髪が目立つ部分からたっぷり塗っていきます。
染まりにくい生え際部分は盛る感じで、あまり伸ばさないようにしましょう。

③10分程度放置する
そのまま、あるいはシャワーキャップを被り10分程度放置します。
初めて使用する場合、あるいはこれまで白髪染めで染めても時間がかかった人は、長めに放置しましょう。

④シャワーで洗い流す
時間になったら、シャワーで色水が出なくなるまですすぎます。

⑤ドライヤーで乾かす
濡れたままにしているとキューティクルが閉じないため、染料が逃げ出しやすくなります。
すぐにタオルドライし、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

<乾いた髪に使用する場合>

①濡れた髪と同様、髪にたっぷり塗る

②30分程度放置する
乾いた髪はキューティクルが閉じているため、染料が浸透するのに時間がかかります。
キューティクルを自然に開かせるには温めると良いので、保温キャップなどを使用するとより良く染まります。

③洗い流してシャンプーしドライヤーをかける
時間になったらよくすすぎ、シャンプーします。

→ 利尻ヘアカラートリートメントの使用レポートを見る

色の選び方と、染まり難い髪をしっかり染めるコツ

このようにやってもよく染まらない場合、こんなコツを試してください。

<色の選び方>

利尻ヘアカラートリートメントにはライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色あります。
色の特徴としては、ライトブラウンとダークブラウンは赤み、ナチュラルブラウンは黄み、ブラックは黄~青みがかった色合いです。

地毛の色によって発色が違ってくるものの、大体の目安としてはこんな感じですので、染めてみて赤みが強いと思ったらナチュラルブラウンやブラックにすると良いでしょう。

なお、最初に使用するのは希望の色より明るめなほうが染め直しが簡単だといわれますが、カラートリートメントの場合一度で完全に色が入ることはない上、段々色が薄くなってきますので、たとえ最初濃いめになってしまったとしてもそれほど心配する必要はありません。

<乾いた髪に使用する>

利尻ヘアカラートリートメントの場合、会社側は濡れた髪・乾いた髪どちらでも同じように染まる、と回答していますが、実際には乾いた髪のほうがよく染まるという人が多いです。
染料の質に加え、テクスチャーが乾いた時に使用するとちょうど良い伸び具合になっているので、濡れた髪だと水分で緩くなり、塗りやすくはなりますが濃度が薄くなってしまうのです。
しっかり染まるまでは乾いた髪に使用することをお勧めします。

<使用前に一度シャンプーして乾かす>

前日に洗った髪は、半日もすると頭皮の皮脂で根元が若干オイリーになっています。
その上からトリートメントを使用すると弾いてしまうため、できれば染める直前にシャンプーし、一旦乾かしてから染めましょう。

なお、この時のシャンプーはノンシリコーンのものをお勧めします。
シリコーンは髪をコーティングしてしまうので、染まりが悪くなってしまうのです。

<量をたっぷり使う>

白髪が透けて見えないくらい、たっぷり塗りましょう。
特に白髪が多い部分はあまりブラシを動かすと染料が移動してしまうので、上から乗せるような感じで置くと良いでしょう。

なお、公式サイトではショートがピンポン玉1個、セミロングが2個となっていますが、全体をきれいに染めるにはこの量では足りません。
最初のうちはこの2倍程度使用したほうが一度でよく染まり、色持ちも良くなります。

<きちんと染めるなら上から塗るだけではダメ>

上から塗ってブラッシングするだけでは、奥や根元までしっかり染まらないことがあります。
特に髪が多い人や太い人は根元が染まりにくいので、パーツ分けして塗る、全体に塗った後色々な方向からブラッシングするなどして、塗り残しのないようにしましょう。

<保温はしすぎるくらいしっかりと>

染まりやすい髪質や状態の場合、シャワーキャップ1枚でも染まります。
しかしこれまで白髪染めで時間がかかっていた人の場合、トリートメントはさらに染まりにくくなります。

シャワーキャップのほか、専用の保温キャップ、蒸しタオル、ニット帽、ドライヤーなどを使い、できるだけ高温で温めるようにしてください。
電子レンジで温めて何度も使用できるカイロを乗せるのも、かなり効果がありますよ。

<できるだけ長めに放置する>

利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトでは放置時間の目安は30分程度となっていますが、特に最初のうちは1.5~2倍時間をかけたほうが良いでしょう。

<染めた後のシャンプーはアミノ酸系を>

一般的に使われている高級アルコール系シャンプー、あるいは石けんシャンプーは洗浄力が非常に強いです。
そんなシャンプーでガシガシ洗うとみるみるうちに色落ちしてしまいますので、染めた後は洗浄力が穏やかなアミノ酸シャンプーをお勧めします。

<ドライヤーのかけ方にもコツがある>

早く髪を乾かそうと色々な方向からドライヤーをかけてしまう人がいますが、毛先から根元に向かってかけるのはNGです。

髪のキューティクルは根元からうろこ状に重なっているので、毛先側からかけるとうろこをめくれ上がらせたり剥がしたりしてしまうことになります。
そのまま眠ると寝具とこすれて、髪がダメージを受けたり入り込んでいる染料が抜け出しやすくなったりしてしまうのです。

ドライヤーは必ず根元から毛先に向かってかけ、8割程度乾いたら冷風に切り替えましょう。
キューティクルは30度以下でしっかり閉じるので、染料が定着しやすくなります。

「こんなにあるの?」とびっくりするかもしれませんね。
いきなりすべてのコツを試す必要はありませんが、少なくとも保温だけはしっかり行ない、それでもまだ満足のできる染め上がりにならない場合は、他のコツも試していくと良いでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントを購入する際には

kounyu

利尻ヘアカラートリートメントは現在ドラッグストアでも購入できますが、できるだけネットで購入することをお勧めします。

割引きキャンペーンを上手く活用しましょう

株式会社ピュールでは、利尻ヘアカラートリートメントを多くの人に試してもらうために、初回限定で通常価格から1,000円引きのキャンペーンを行なっています。
通常価格3,000円(税抜)が2,000円(税抜)と、かなりお得です。
これなら気軽に試せますよね。

ドラッグストアで購入した時には対象外になってしまうので、最初のお試しはこのキャンペーンを利用しましょう。
送料が540円かかってしまいますが、ドラッグストアでは利尻ヘアカラートリートメントはまず値引きしないので、ネットで購入したほうがお得ですね。

また、2本以上のまとめ買いなら1本ごと1,000円引きの上オリジナルコームなどのグッズがつき、しかも送料無料になります。
会員になれば定期おトク便を利用でき、誕生月キャンペーンやポイントアップなど色々な特典もつきますよ。

利尻ヘアカラートリートメントは、慣れてコツを掴むまでは染まりにくく感じるかもしれません。
しかし、ダメージを受けてボロボロになった髪と頭皮を補修し、美髪を取り戻したいと考えている女性には、当サイトが自信をもってお勧めできる商品です。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント