白髪染め特有の臭いが気になる方へ~匂いで選ぶ!【厳選】カラートリートメント-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染め特有の臭いが気になる方へ~匂いで選ぶ!【厳選】カラートリートメント
nioi
白髪染め特有の臭いが気になる方へ~匂いで選ぶ!【厳選】カラートリートメント
  • facebook
  • twitter
  • LINE
匂い別におすすめのカラートリートメントをご紹介

白髪染めって独特な臭いがしますよね。
最近は臭いがきつくないものもありますが、それでも無臭には程遠く、部屋中に漂って自分はもちろん家族まで不快にしてしまうことも。

敏感な人は頭痛や吐き気まで起こしてしまいます。
そんな白髪染め、もう止めませんか?

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

白髪染め特有の臭いに耐えられない!?

nioi

嗅いだだけですぐわかる、あのカラーリング剤のニオイ。
いったいなぜあんなに臭うのでしょうか。

市販の白髪染めが発する強烈な臭いの原因は

市販の2剤式白髪染めの強烈な臭いの原因は、主にアルカリ剤です。
1剤に入っていて、髪のキューティクルを開くために配合されているもので、アルカリ性なのでよくアルカリ剤と呼ばれています。

アルカリ剤にはいくつかの種類がありますが、市販の白髪染めによく使用されているのがアンモニアで、これが揮発性で強烈な臭いを発します。
アンモニアは反応が早いため、少しでも放置時間を短くしたい市販品にはうってつけで、しかも安価なのでよく配合されているのです。

さらに、染めた後シャンプーしても、染料が残っている場合臭いが続きます。
染料を落とす時、本来は「乳化」という作業が必要です。
染料は油性で、いきなりシャンプーしても完全には落ちないため、シャンプーの前にオイル成分を染料に揉み込んで乳化させることで、シャンプーした時に髪や頭皮に残りにくくなるのです。

しかしそんなことは説明書に書いていませんから、行なっている人などいませんよね。
するとシャンプーしても染料が完全に落ちず、シャンプーに含まれるシリコーンなどのコーティング剤によって髪にそのまま閉じ込められてしまうのです。

特に、アミノ酸シャンプーのような洗浄力が穏やかなものを使用していると染料が残りやすく、アンモニア臭が抜けません。

また、ノンシリコーンのシャンプーでもシリコーンに変わる保護剤が配合されていますから、同じように染料が髪に閉じ込められてしまいます。
髪を染めた後もしばらく臭いが残るという場合は、これが原因です。

自分だけでなく周囲を不快にさせてしまうことも

shuui

一時的な臭いとはいえ、かなり強烈で部屋中がアンモニア臭くなってしまいますよね。
ツーンとくる臭いはとても不快で、人によっては気分が悪くなったり頭痛や吐き気を起こしたりしてしまうこともあります。

また、女性は男性に比べて臭いに敏感になる時期があります。

女性ホルモンのエストロゲンには嗅覚を敏感にさせる働きがあるといわれ、特にエストロゲンが大量に分泌される妊娠中や排卵前はちょっとした臭いにも反応してしまうのです。
つわりを軽くし、毎日を明るく過ごすためにも、2剤式白髪染めやファッションカラーの使用は控えるべきなのです。

アンモニアが使用されていなければ良い?

白髪はどうしても気になるし、アンモニア臭がしない2剤式白髪染めなら大丈夫じゃない?と考えたら、残念ながら間違いです。

最近、臭いがあまりしない白髪染めが増えてきました。
アンモニアの刺激臭がないと髪にもやさしい気がしてしまいますが、実際は逆です。
アンモニアが使用されていない場合、よく配合されるのがモノエタノールアミンです。
不揮発性のため臭いは少ないものの、アンモニアに比べて普通のシャンプーでは落ちにくいのです。

モノエタノールアミンもアルカリ剤ですから、髪のキューティクルを開いてしまいます。
白髪染め後数週間も髪に残るので、その間ずっとキューティクルは閉じることができません。
そのため、キューティクルが守っている髪の中のタンパク質や水分、脂質などがどんどん抜け出てしまい、アンモニアを使用して染めた時以上に髪がダメージを受け、パサパサになってしまうのです。

さらに、モノエタノールアミンは最初のうちアンモニアに比べて反応が遅いという特徴があります。
美容院で使用される場合は美容師が染まり具合をチェックしてくれますが、市販のものは自分でチェックしなければなりません。

一度モノエタノールアミン入りの白髪染めを使用して、染まるのが遅いと感じると次回から長めに放置してしまいますよね。
放置時間を長く置き過ぎることを「オーバータイム」というのですが、オーバータイムになると髪が非常に傷んでしまうのです。

オーバータイムでダメージを受け、さらに残留しやすいのでダメージがよりひどくなりますから、臭いがしない2剤式白髪染めのほうがより危険だということを覚えておきましょう。

カラートリートメントに変えませんか?

kaeru

あの強烈な臭いの主な原因はアルカリ剤ですから、アルカリ剤を使用していないものなら臭わず、しかもキューティクルを開かないので髪にもダメージを与えません。
そこでお勧めしたいのが、カラートリートメントです。

臭くない白髪染めならカラートリートメント

カラートリートメントは、2剤式白髪染めのようにアルカリ剤でキューティクルを無理に開くという工程がありません。

カラートリートメントに使用されている染料の一つがHC染料で、これは非常に分子が小さく、閉じたキューティクルの隙間から入り込んで髪の内側に定着する働きがあります。
この染料を使用することで、アルカリ剤を使用しなくても髪を染めることができるのです。

匂いだけじゃない!カラートリートメントのメリット

もちろん、カラートリートメントのメリットはあのツンとした臭いがないというだけではありません。

髪や頭皮は本来弱酸性なので、アルカリ剤によってアルカリ性に傾いた髪はダメージを受けやすくなります。
さらに、アルカリ剤は皮脂を溶かしてしまうため、頭皮に必要な皮脂まで失われてしまい、痒みや乾性フケの原因になってしまうのです。

また、髪はアルカリ度が高くなるほどマイナスイオンを帯びやすくなります。
これがダメージの原因になるのですが、カラートリートメントに使用される塩基性染料はプラスイオンを帯びているため、アルカリ度が強いほどマイナスイオンと結合し染まりやすくなります。

この特性から、各メーカーのカラートリートメントはダメージと染まり具合のバランスを考えて、中性~微アルカリ性にしているのです。
弱アルカリ性までならほとんど髪や頭皮を傷めないといわれています。

HC染料で内側を、塩基性染料で外側を染めることによって、髪が自然な色合いに染まります。
2剤式白髪染めと違い髪のメラニン色素を破壊していないため、残念ながら色落ちとともに地毛の色に戻ってしまいますが、それだけ髪にダメージを与えていないということでもあるのです。

また、もう一つの特徴がトリートメント効果です。
日本人女性の多くが、カラートリートメントを使用する前にパーマや2剤式の白髪染めやおしゃれ染めを経験しています。

パーマやカラー剤は、キューティクルの表面にあるMEAという組織を破壊します。
MEAは頭皮の皮脂を髪全体に送る作用があり、MEAがなくなると髪に本来のツヤがなくなってしまいます。
MEAはたった一度のパーマやカラーリングで80%失われるといわれ、再生されることはありません。

そんなダメージヘアにうってつけなのが、カラートリートメントです。
良質なカラートリートメントは、失われたMEAを補修したり、MEAの代わりに髪を保護したりする成分が配合されており、それが髪をコーティングすることでダメージを抑え、さらに染料の流出も防いでくれるのです。

匂いで選ぶ!【厳選】カラートリートメント

gensen

さて、匂いの話に戻りましょう。
女性にとって、匂いは精神にリンクするとても大切なものです。
実際、世界中で行なわれているアロマテラピーは、エッセンシャルオイルの匂いを嗅ぐことで様々な精神的・肉体的効果をもたらすことから発展した美容・健康法です。

不快な臭いは気分をうつにさせたりイライラが募ったりするだけでなく、自律神経を乱して肉体にまで影響を及ぼします。
自律神経が乱れるとストレスが溜まりやすくなり、それが白髪の原因となることもありますから、たとえ短い時間の使用でも匂いにはこだわったほうが良いのです。

無香料タイプの【厳選】カラートリートメント

お気に入りの香水をいつもつける人や匂いに敏感な人、夫や彼氏が匂いを嫌うタイプの場合などは、無香料タイプがお勧めです。

なお、「無香料」=「無臭」ではありません。
自然素材の成分が配合されている場合、成分臭があるので完全に匂いがなくなることは通常ありません。
成分臭とは植物本来が持つニオイのことで、たとえばニンニクの強烈なニオイも成分臭です。

ニオイ成分を科学的に排除することは可能ですが、そのニオイ成分自体に効能・効果がある場合が多く、なかなか悩ましいところです。

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは高い効果が期待でき、しかも成分臭がほとんどない植物などを厳選し配合しています。
香料は人工・天然ともに不使用なので、匂いに敏感な人に人気です。

全くの無臭と感じる人が多いのですが、匂いに敏感な美容師の中には「オーガニック系のニオイがする」と感じる人もいるようです。

口コミを見ても「嫌な匂いではない」「香りがきつくない」という表現をしている人がいるので、全くの無臭ではありませんが、全く気にならない程度と考えて良いでしょう。
ちなみに、昆布や海の香りは全くしません。

・くろめヘアカラートリートメント

こちらも香料を使用していないトリートメントです。
くろめとは大分県佐賀関で採れる希少な昆布のことですが、利尻ヘアカラートリートメント同様、昆布や海の香りは全くありません。

また、美髪成分にニンニクが配合されているものの、ニンニク臭もありません。
ローズマリーやローマカミツレ、アルニカ花などの植物が配合されているので、かすかに枯れた草木の匂いはありますが、ほぼ無臭といえます。

ただ、この製品はpHが4.8±0.5となっており、弱酸性です。
そのため髪を全く傷めないものの、一般的な中性や弱アルカリ性のカラートリートメントに比べて染まりや定着力が弱くなっています。

アロマ系の香りの【厳選】カラートリートメント

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

毎日使いたくなる香りを目指し、ルプルプはエッセンシャルオイルを3種類も配合しています。
ラベンダーはウッディーな中にフローラルな香り、オレンジは柑橘系で甘さのあるリフレッシュする香り、ローズマリーはクリアなハーブ調の香りで、これらが合わさることで柔らかくすっきりしたアロマになります。

この匂いは多くの人に好評ですが、浴室では結構強めに感じることもあるようです。

・グローイングショット

グローイングショットの香りはシトラス系のスパイスフローラルで、リラックスできる匂いです。
ただし、これは人工香料によるものなので、人によっては苦手かもしれません。

・DHC Q10クイックカラートリートメント

天然アロマ100%で、ベルガモット、ユーカリ、ミント、ローズマリー、セージ、ローレルなどのハーブを使用しています。
どれもあまり甘さのない香りで、どちらかというと男性用のスパイシー系です。
口コミでは匂いが穏やかと感じている人が多く、残り香もほとんどありません。

フルーツ系の香りの【厳選】カラートリートメント

・レフィーネヘッドスパ

レフィーネヘッドスパが配合しているのは、天然のオレンジ、レモン、ライム、グレープフルーツの柑橘類4種類と、レモングラス、ラベンダー、ニオイテンジクアオイ、パルマローザ、イランイラン、ユーカリレモンの6種類です。

柑橘系が多いので、トータルでオレンジ系のとても爽やかな匂いになっています。

・ラサーナヘアカラー

シトラス&フローラル系の香りで、他商品より若干フローラル系が強いという印象です。
人工香料なので人によっては芳香剤のようだと感じることもありますが、女性好みの匂いで評価は高いです。

白髪染めは長い目で選びましょう

nagaime

白髪は加齢とともにどんどん増えてしまうのが普通で、減ったりなくなったりすることはほとんどありません。
白髪が増えると老けて見られますし、不健康、あるいは女を捨てているとまで言われることもありますよね。

健康で魅力的だと周りから思われるためには、白髪を染め続けることはとても大切です。

ずっと使うものだから使い心地の良いものを

2014年にリクルートのBeauty総研がインターネットリサーチしたところ、女性の場合平均で76.7歳まで染めたいと考えているという結果が出ました。
染め出したのが平均で40.9歳なので、35年以上染めるということになります。

それほど長い間染めるとなれば、使い心地が悪いものを使い続けることはできませんよね。
匂いやテクスチャーの伸び、容器の形、容器の外観など、カラートリートメントの性能以外の点でも大切なことはたくさんあります。

どんなに染まり具合や持続性が良くても、染めたとわかってしまうような臭いや、家族にバレてしまう「いかにも」な外観の容器のものは、使っていて楽しくありません。
また、テクスチャーが硬すぎて1回でかなりの量を使用してしまいコストパフォーマンスが悪くなってしまったり、逆に柔らかすぎて垂れて顔を汚したり目に入ったりしても困りますよね。

白髪を染めるという行為自体ちょっとおっくうになりがちですから、使用するのが楽しみなるような製品を選びましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント