ずっと使っていなかったカラートリートメントはいつまで使える?日持ちさせる方法は?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > ずっと使っていなかったカラートリートメントはいつまで使える?日持ちさせる方法は?
shiyoukigen
ずっと使っていなかったカラートリートメントはいつまで使える?日持ちさせる方法は?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
カラートリートメントの使用期限について解説!

化粧品などで、使用途中に別の商品を使い始めてしまい、前のものはそのまま放置…よくありますよね。
前のものが本当に合わなかったり気に入らなかったりしたら惜しげもなく捨てられますが、そうでないとずっと隅っこに置いておき、気づいた時には「あれ?これいつ買ったんだっけ?もう使えないのかな」なんてことになりがちです。

カラートリートメントの場合、どのくらい放置しておいても日持ちするのでしょうか。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

カラートリートメントの使用期限

shiyoukigen

化粧品にはすべて使用期限があります。
使用期限というと何となく「使い続けて良い期限」と考えがちですが、実は法律でいう「使用期限」は違うのです。

使用期限とは

これは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」、いわゆる医薬品医療機器等法(または薬機法。以前の薬事法)によって決められています。
内容は、簡単にいうとこのようなことです。

・製造後、適切な保存条件のもとで保管しても3年以内に品質や形状が変化する恐れがある化粧品には、使用期限を明記しなければならない
・3年以上使用しなくても変質しないと考えられる化粧品であれば、製造年月日や使用期限を記載しなくても良い

つまり、「使用期限」とはあくまで未開封の状態での日持ち期限を指しているのであって、開封後使用できる期間という意味ではないのです。

使い忘れていたカラートリートメントの使用に注意

chuui

もし、買ったまま開封していないカラートリートメントがあった場合、蓋や底の部分に使用期限が書いてあればそれ以前であれば大丈夫ということになりますし、製造年月日が書かれているだけならそれから3年間は安全です。
何も書かれていなければ何年前のものでも特に心配はない、ということになります。

しかし、常に「適切な保存」をできるとは限りません。
ドラッグストアなどで販売しているものは日の当たるところにディスプレイされていることもありますし、何十人何百人もの人が出入りする所に置かれているので、劣化速度が早まり、日持ちしにくくなる可能性があります。

また、日本には四季がありますから、通販で購入したものも1年中温度や湿度が一定のところに保存するのは難しいですよね。

未開封のものでもそうなのですから、使用中のものとなるとかなり注意しないと、安全に使用できる期間はどんどん短くなってしまうのです。

防腐剤の有無によって使用期限は変わります

そんな危険性を少しでも抑え日持ちさせるために、多くの化粧品には「防腐剤」が配合されています。
防腐剤を忌み嫌う人もいますが、医薬品医療機器等法により、市販の化粧品のほとんどは防腐剤の使用が不可欠です。

また、防腐剤不使用と書かれている化粧品でも、成分の中に防腐剤の作用を併せ持った成分が入っていることが多いのです。

たとえば、ある化粧品は防腐剤無添加を自慢にしており、全成分は「水、尿素、エタノール、グリセリン、アスコルビン酸、クエン酸、アデノシン三リン酸2Na」となっています。

この中の尿素は殺菌、エタノールは殺菌・消毒、グリセリンは静菌、アスコルビン酸とクエン酸は酸化防止作用があり、確かに防腐を主目的にした「防腐剤」は無添加でも、商品の劣化を防ぐ作用のあるものが何種類も配合されているのです。

ですから、「防腐剤無添加」だからといってエタノールのように刺激性が強めの成分が配合されていることもあり安心はできないし、逆に無添加だからといって日持ちせずすぐに劣化したり腐ったりするということもないのです。

ただし、「防腐剤」として配合されているものはその目的のために合成されたものであるため少量で作用するものが多く、結果としてそれほど肌に刺激がなく安全性が高めなものが多くなっています。

たとえばパラベン(パラオキシ安息香酸エステル)は最もよく知られた防腐剤ですが、他の防腐剤に比べると少量で多くの微生物に対して抗菌性があります。
それに比べるとエタノールやクエン酸のような成分は、刺激性は多少少ないものの防腐作用が弱いため大量に添加しなければならないことがありますし、それでもある種の菌には効力がなかったりするのです。

そのため「防腐剤」が配合されているほうが、未開封の時はもちろん開封後も日持ちすることが多いです。
他成分の配合によってその期限は一概にはいえませんが、「防腐剤無添加」と書かれているものによっては1ヶ月以内、しかも冷蔵庫保存が必要なものもあります。
通常は常温で3~4ヶ月といわれますが、必ず説明書に書かれている期限をチェックしておきましょう。

夏場は特にカビや雑菌の繁殖に注意が必要

日本の夏は高温多湿で、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。
化粧品の成分には雑菌のエサになりやすいものが多く、さらに空気に触れることで酸化も進みます。
特に油分が配合されていると気温が高いほど酸化が早く進むので、一度開封したものはできるだけ早く使用する必要があります。

カラートリートメントを日持ちさせるには

himochi

カラートリートメントによって違いますが、パラベン無添加と書かれたものは少なくありません。
成分表を見るとパラベンの代わりにフェノキシエタノールが使用されているものが多いのですが、フェノキシエタノールはパラベンに比べると防腐作用が弱く、しかもパラベンでは殺菌できるのにフェノキシエタノールではできない菌もあります。

それはエタノールやクエン酸、グリセリンなどでも同様なので、特に「パラベン(防腐剤)無添加」と書かれたカラートリートメントをより日持ちさせるためには、工夫が必要です。

カラートリートメントを日持ちさせる保管場所

カラートリートメントを入浴中使用している人は、シャンプー同様バスルーム内に置いている人が多いのではないでしょうか。
しかしバスルームは高温多湿な場所ですから、成分が劣化したり雑菌が繁殖したりして、日持ちしにくいのです。

シャンプーをバスルーム内に入れておいても日持ちするのは、元々バスルーム内に置くという前提で作られており、パラベンや安息香酸Naといった防腐剤を添加してあるからです。

フェノキシエタノールなどの低刺激な防腐剤や、一般的な成分で防腐作用を兼ね備えている程度のものではパラベンや安息香酸Naほど強力な防腐作用はないため、パラベンなどの防腐剤を使用していないカラートリートメントは劣化が早いのです。

少しでも日持ちさせるためには、バスルーム内に置くのを止め、できるだけ温度や湿度が変わらないところに保管しましょう。

なお、これは未開封の製品でも同様です。
原料を完全に殺菌していない限り、原料から雑菌やカビが発生することはありますし、完全無菌状態の工場で人の手を一切使わずに製造から梱包まで行なっている企業ばかりではありません。

未開封だからといって中の成分に雑菌が全く含まれていない訳ではないので、やはり保管場所には注意を払いましょう。

使用する際は直接手で触らないようにする

使用する際にも、注意が必要です。
カラートリートメントを手やビニール手袋に取る際、容器のクリーム抽出口が手に触れると中に手の雑菌が入り込んでしまいます。

手には驚くほど雑菌がついているといわれます。
中には常在菌といって必要な菌もいますが、大腸菌やサルモネラ菌、カンピロバクターなどの雑菌やウィルスがたくさんついています。

薬用石けんで30秒以上洗ってようやく安全な量まで減るという実験結果もあり、手が触れたカラートリートメントに雑菌が付くとどんどん繁殖してしまうのです。

カラートリートメントを使用する際は、絶対に容器の口が手に触れないよう注意しましょう。
また、空気中にも大量に雑菌が存在しますので、蓋を開けっ放しにするのも厳禁です。

使用期限切れのカラートリートメントを使うとどうなる?

dounaru

多くのカラートリートメントの公式サイトには、開封後は3ヶ月~半年程度で使い切るよう書かれています。
特に天然成分が高配合されているものほど日持ちせず、早めに使い切る必要があります。
使用期限切れの商品を使用した場合、どういったことが起こりやすいのでしょうか。

成分の分離や劣化によって髪が染まらない

成分の劣化は変色、臭い、テクスチャーの変化、分離などでわかります。

・色が濁ってきたり黄色っぽくなったりする
・腐敗臭がする
・油っぽくなったり、水分が蒸発したりしてクリームの硬さが変化する
・水分と油分が分離している

こういったことが起きた場合、成分が劣化している可能性が高いです。

特に染料は酸素による酸化、熱や光による成分分解、温度や湿度による劣化などが起こるため、髪が染まらないということが起こります。
さらに、色素によってその劣化度合いが違うため、全く染まらないことはないものの、赤みが異常に強くなったり全体的に薄くなったりといったことが起こります。

かぶれや湿疹等の頭皮トラブルを招く恐れも

成分に効果がなくなっただけならまだしも、雑菌の繁殖によって有害物質に変化し、かぶれや湿疹などを起こしやすくなります。

たとえばカラートリートメントには油性成分が配合されていますが、これが酸化すると過酸化脂質に変化し、活性酸素を生み出してしまいます。
活性酸素は細胞を劣化させ、かぶれや炎症、あるいは頭皮細胞の機能を低下させて白髪や抜け毛の原因になります。

また、肌表面には常在菌が存在しており、肌を弱酸性に保つ働きをしていますが、一度でも容器の口に触れてそれらが入り込んだ場合、異常繁殖して肌を攻撃してしまい、肌荒れやニキビなどを引き起こします。

もし一度でも使用して3ヶ月以上放置したカラートリートメントがあったら、もったいないなどと思わず思い切って捨てましょう。

使用期限切れのトラブルを回避するには

kaihi

どうすれば使用期限切れのカラートリートメントで髪や頭皮を傷めることなく、捨ててお金を無駄にすることもなく済むのでしょうか。

定期購入サービスがあるカラートリートメントを選ぶ

一番良いのは、髪を染めることを当たり前のこととして日常生活に組み込むことです。
シャンプー後に塗布するタイプのものを使用すると、普通のトリートメント代わりに5~15分程度放置するだけですから、使用期限が来る前に使い切れます。

あるいは、毎週染める曜日を決めたり、カレンダーや手帳に染める日を先に印付けしてしまったりするのも良い方法です。

目で見て白髪が目立ってきたら、という方法もありますが、事前に決めておいたほうがいつでも白髪が目立たない美しい状態でいられますし、いきなり人と会う用事が出来ても恥ずかしい思いをしたりすることがありませんし、他の計画が立てやすくなるというメリットがあります。

それと合わせてお勧めしたいのが、定期購入サービスです。
ドラッグストアで販売しているものはいつ製造されたものかわかりませんし、販売環境も決して良いとはいえませんから、未開封でも劣化が始まっている可能性があります。

それに比べるとネット通販がメインのカラートリートメントの場合、工場から直接出荷するメーカーが多いので、品質管理ができていて安全度が高いのです。

定期購入は買い忘れを防ぐためという意味合いが強いですが、毎回製造したてのカラートリートメントが届くので、使用期限の面からもとても安心なサービスですよ。

お勧めのカラートリートメントのご紹介

当サイトお勧めのカラートリートメントの中でも、定期購入サービスがあるものを厳選しました。

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、添加物を最低限に抑え、誰もが安心して使用できるカラートリートメントです。
28種類もの植物由来成分を配合し、髪にも頭皮にもやさしい配合です。
天然成分が非常に多いため、開封後は3ヶ月を目安に使用するよう推奨しています。

利尻ヘアカラートリートメントは皮膚に刺激があるといわれるパラベンや酸化剤は使用していません。
その代わりに抗菌性のある保湿剤や、安全性に問題がないとされるポリアミノプロピルビグアニド(殺菌剤)、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル(抗酸化剤)を添加し、雑菌の繁殖や酸化を防いでいます。

利尻ヘアカラートリートメントには「定期おトク便」があり、定価3,240円(税込)のところ初回1,620円、2回目以降は10%引きの2,916円で購入でき、送料無料、ポイント2倍などのメリットもあります。
コースは1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月毎の3種類あり、4回目以降は一時休止することもできますから、とても便利です。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプは香料や鉱物油不使用で、天然成分としてガゴメ昆布やエッセンシャルオイルを配合しています。

防腐や酸化防止のために、保湿のほか雑菌の繁殖を抑える作用のあるキトサン、抗菌・抗酸化作用のあるアミノ酸のグリシン、殺菌作用のある乳酸、安全性の高い防腐剤のオクトキシグリセリンなどが配合されています。

若干刺激性のある防腐成分もありますが、脂性肌用化粧品に配合されており、量も少ないのでかなりの乾燥肌でなければ心配する必要はないでしょう。

なお、天然成分が少なめな分、開封後も半年を目安に使用できます。
また、半年過ぎたものでも、希望通りの発色にはならなくても身体に害はありません。

ルプルプにも「定期便」があり、1本セットコース(1ヶ月)と2本セットコース(2ヶ月)があり、定価3,240円(税込)のところ、それぞれ5%、10%割引となります。
さらに次回お届け内容を事前に案内してくれ、コース変更もネット上でできます。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナはダメージヘアをケアする作用が強く、しかもシャンプー後にトリートメントとして使用しただけで徐々に染まるカラートリートメントです。
植物由来の色素や動植物から抽出した天然成分で髪と頭皮をケアしてくれます。

ラサーナはパラベンや酸化防止剤無添加です。
防腐や酸化防止のために抗菌や抗酸化作用を持つグリシン、殺菌効果のある乳酸、保湿と抗菌作用があるエチルヘキシルグリセリンなどを配合しています。

また、植物由来天然色素のグアイアズレンにも高い抗菌作用があります。
これらの作用によって、天然成分が多めの配合でも開封後半年は安全に使用できます。

また、ラサーナには「きれい定期便」があり、いつでも15%OFFで、1本定価3,024円(税込)が2,570円で購入できます。
コースは1ヶ月に1回から3ヶ月に1回まであり、20日前に事前連絡メールをくれるので、変更や一時休止もその時にすることができますよ。

白髪が目立つと、実年齢より老けて見られたりみすぼらしいイメージだったりと、良いことは一つもありません。
定期便を利用したり染める曜日を決めるなどして、コンスタントに染めて美しい髪をキープしましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント