ゆっくりと白髪を染める時間がない!?それならカラートリートメントがお勧めです-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > ゆっくりと白髪を染める時間がない!?それならカラートリートメントがお勧めです
jikan
ゆっくりと白髪を染める時間がない!?それならカラートリートメントがお勧めです
  • facebook
  • twitter
  • LINE
カラートリートメントがお勧めの理由とは!?

白髪染めって結構時間がかかりますよね。
しかもいちいち服を着替えたり、色々と染める前後の手間もかかったりするので、本当に面倒です。
そこで、そんな悩みを持つ多くの女性にカラートリートメントを提案します。
最初の数回だけちょっと面倒かもしれませんが、後は本当に手軽で楽ですよ。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

ゆっくりと白髪を染める時間がない!?

jikan

白髪染めのために時間を割くのは、簡単なようで実は結構大変です。
市販の2剤式白髪染めのパッケージには、いかにも簡単で短時間で染められるように書かれていますが、実際にはかなり染める手間がかかります。

仕事、家事、育児等に追われていませんか?

白髪は待ってくれませんが、仕事や家事、育児だって待ってはくれません。
まさか会社で染める訳にはいかないし、家で染めている時に回覧板や宅配が来ても受け取れませんし、電話だって受話器やスマホが汚れそうで出られません。

育児中に髪を染めて、万が一にも赤ちゃんが舐めたりしたら大変です。
夜は夜で家族の世話で忙しいし、仕事で疲れて帰宅してから用意をあれこれして染める気力も時間もありませんよね。

しかし、白髪があると疲れた、あるいは老けたような印象を与えてしまいますから、何とかしなくてはと気ばかり焦ってしまいませんか?
そんな人にお勧めしたいのが、カラートリートメントです。

美容室や市販の白髪染めで染める場合

biyouin

白髪染めには美容室で染める方法と、市販品を使って自分で染める方法があります。
しかし、どちらも思い立ってすぐという訳には行きません。

美容室で髪の毛を染めるには最低2時間は必要

美容室によってかかる時間は違うものの、よほどすいていない限り何だかんだで1.5~2時間はかかります。

まず受付を済ませてから10分程度待たされることが多く、その後美容師と相談して色を決めるまでにも時間がかかります。

その後根元から塗り始めますが、ベテランの人が最初から最後までやってくれることはあまりなく、若いスタイリストが大半を行ない、時々ベテランがチェックすることを何度か繰り返すので、長さや量にもよりますが塗り終わるまでに15分くらいかかります。

その後放置するのですが、髪質によって20~45分程度かかり、その後のシャンプーが10~15分、ドライヤーが10~15分という段取りで、平日の空いている時でも1時間以上かかりますし、週末は混むので3時間以上かかることもザラです。

また、最近はカラーリング前にシャンプーをする美容室が減っていますが、シャンプーを入れればさらに10~20分、カットも入れればさらに20~30分…。
シャンプー、カット、カラーリングのコースだと、最低でも2時間、お店が混んでいれば4時間くらいかかってしまうのです。

2時間程度なら何とか優雅な気持ちにも浸れますが、込み合った美容室内で4時間となるとかなりキツイですよね。

市販の白髪染めも準備や手間に時間が掛かる

では市販の2剤式白髪染めはどうでしょうか。
美容院のように時間がかかることはありませんが、その分準備をすべて自分で行なうのでとても手間がかかります。

服を着替えて、ケープをかけて、汚れないように床や洗面台などをカバーし、ビニール手袋をして、1剤と2剤を混ぜてクリームを作り、鏡に顔を近づけて前後左右ムラがないように塗って放置し、時間が来たら時間をかけて染料を洗い流し、シャンプーしてドライヤーをかけて…。
時間にしたら1時間程度ですが、その間中手を動かし、神経を尖らせていなければいけません。

しかも、うまく塗ったつもりでも美容院でやってもらうようにはしっかり色が入らず、シャンプーですぐ色落ちしてしまうこともよくあります。
顔に染料がべったりついてしまった、服や手が汚れた、爪に色がついて落ちなかったという経験を持っている人も多いと思います。

白髪が少ないうちは1ヶ月半~2ヶ月に一度で済んでいても、増えるにつれ頻度も高くなり、2週間に一度はリタッチしないと目立つようになってきます。
しかしその頃には老眼が進んでいてメガネがないと生え際がうまく塗れないとか、長時間鏡の前で立ちっぱなしは腰や足がきつい、などということも起こってきます。

綺麗に染めても、すぐに白髪が目立ってしまう

しかも、どれほどカラーリング技術が高い美容師に染めてもらったとしても、数週間もすれば伸びた根元の白髪がわかるようになります。
むしろカラーリングが上手なほど、白髪との差がくっきり目立ってしまいます。

染め方が上手い下手は白髪染めの場合あまり関係ない、と言ってしまっては言い過ぎでしょうか。
確かに染めてもらった部分は地毛と白髪の差がなくとても綺麗でダメージも少ないですが、その後伸びてくる白髪を事前に染めることまではできないのですから。

カラートリートメントがお勧めです

osusume

もう白髪染めにうんざり…そんな人にお勧めなのが、カラートリートメントです。
名前の通りトリートメントなので、使い方も簡単です。

使い方は簡単!カラートリートメントに変えるだけ

カラートリートメントとはトリートメントとカラーリング効果を一度にできるもので、入浴中シャンプー後に普通のトリートメントと同様の使い方をするだけで、髪が染まる商品です。
2剤式白髪染めのように一度でしっかり染まるものではなく、髪質や量、状態によっても差が出てしまいますが、髪や頭皮を傷めることがなく、トリートメント成分によって髪がどんどん健康を取り戻していきます。

使い方は、最初の数回はよく染まるように、2剤式白髪染めと同様乾いた髪に使用します。
この時は白髪染めより少し手間がかかり、塗布した後しっかり保温して長めの時間放置しなければなりません。

それによって薬剤を使用せずに自然にキューティクルが開き、安全性が高い染料が髪に浸透しやすくなるのです。

数回この方法で染めて満足できる染め上がりになったら、後は週1~2回入浴中シャンプー後のタオルドライした髪に塗って、シャワーキャップをかぶって5~15分置くだけです。
放置している間に身体を洗ったり湯船に浸かったりしていれば、あっという間です。

時間が来たらシャワーで染料を洗い流して終わりです。
いつものようにタオルドライして、ドライヤーで乾かしてください。

定期的に使うことで、常に綺麗な状態をキープ

白髪はある日突然伸びるものではなく、黒髪と同様1日0.3~0.5ミリ伸びていくものです。
地毛が濃いほど伸びた白髪は目立ち、たとえ5ミリでも分け目部分や顔の回りが目につくようになりますから、目立つ前に染めたいものですよね。

また、カラートリートメントは2剤式白髪染めのように髪を脱色したりキューティクルをこじ開けて酸化染料を浸透させたりするのではなく、HC染料と塩基性染料で髪にダメージを与えず染めるもので、少しずつ色落ちするため、定期的に染めることで色をキープできるのです。

これはどういうことかというと、2剤式白髪染めは酸化染料を髪の奥に浸透させ、色素の一部になりずっと髪に留まります。

紫外線などによって染料が劣化し褪色はしますが、シャンプーごとに色落ちすることはありませんし、本来の髪色を作っていたメラニン色素が脱色されてしまっているので、時間の経過とともに褪色しても二度と元の髪色に戻ることはありません。

それに対して、カラートリートメントの場合メラニン色素はそのままです。
HC染料が閉じたキューティクルの隙間から入り込んで少し中側を染め、塩基性染料が髪の表面に付着してコーティングします。

どちらの染料も髪の一部になることはなく付着しているだけなので髪にダメージを与えませんが、シャンプーごとに少しずつ色落ちするので、定期的に染めることが必要なのです。

髪や頭皮の傷みやアレルギーの心配も不要

2剤式白髪染めの場合、まずアルカリ剤でキューティクルを開き、過酸化水素と酸化染料がキューティクルの中に入り込みます。
その後過酸化水素がメラニン色素を破壊して脱色し、同時にアルカリ剤と結合して酸素を発し、その酸素によって酸化染料が発色するという仕組みになっています。

アルカリ剤と過酸化水素にはタンパク質を変質させる作用があります。
髪や頭皮はケラチンというタンパク質が主成分なので、2剤式白髪染めをすることで髪も頭皮もダメージを受けてしまいます。

また、酸化染料は頭皮への刺激が強く、特に白髪染めに必ず配合されているパラフェニレンジアミンにはアレルギーを引き起こす可能性があり、旧表示指定成分になっているほど危険な成分で、現在も劇物指定されています。

しかしカラートリートメントはこれらの薬剤を使用していないため、髪や頭皮にやさしく、アレルギーを起こす心配もほとんどありません。

もちろん人によってアレルゲンは違い、カラートリートメントの中には植物由来成分が配合されているため、何らかのアレルギーを引き起こす可能性はゼロではないものの、2剤式白髪染めに比べればはるかに安全なのです。

カラートリートメントを購入するなら

kounyuu

カラートリートメントというと染まりが悪いという評判がありますし、実際一度でしっかり染まる商品ではありません。

今すぐ染めたい、白髪を完璧に染めたいという人にはお勧めできませんが、白髪以外にも髪のトラブル、たとえばハリやコシ、ツヤの減少やボリュームダウンといった悩みも持っている人にはぜひ使ってほしい商品です。

心配な人は初回割引や返金保証を使ってお試しを

とはいえ、どのくらいの時間かかってどれほど染まるのか、本当に髪や頭皮を傷めないのか心配かもしれません。
そういった人は、初回割引や返金保証がある製品で試してみてはいかがでしょうか。

当サイト一押しのカラートリートメントはコレ!

ichioshi

使用者からの評判が良く、初回割引や返金保証、お試し商品があるものを厳選しました。

・利尻ヘアカラートリートメント

日本で最初に作られたのが、この利尻ヘアカラートリートメントです。
染料としてHC染料と塩基性染料を使用し、さらにアナトー、ウコン、クチナシ、シコンの4種類の植物色素を配合しています。

HC染料と塩基性染料は安全性が高いものの合成染料なので、より髪と頭皮に負担がかからない植物色素をプラスすることで刺激をさらに軽くしています。
また、天然の色素が加わることで色合いがより深く自然になっており、2~3回の使用でしっかり染まり、色持ちも10日前後と最も長いです。

トリートメント成分には保水・保湿力が高い利尻昆布を始め28種類の植物由来成分を配合し、さらに髪を補修・保護する成分も入っているので、髪がしっとり艶やかになります。
ハリやコシも出て、健康で若々しい髪が蘇るのです。

また、乾いた髪、シャンプー後の濡れた髪両方に使用できるタイプで、乾いた髪に使用する時は30分程度、シャンプー後の場合は10分程度の放置時間でOKです。

現在初回限定キャンペーンを行なっており、通常価格3,240円(税込)のところ2,160円で購入できるので、累計1,700万本突破の大人気商品を試すチャンスですよ。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプは利尻ヘアカラートリートメントに次ぐ人気商品です。
HC染料と塩基性染料のほか藍、クチナシ、ベニバナの植物染料を使用し、褪色しにくく安定性のある色合いを作り出しています。

髪質によっては最初は染まりにくいものの、3回も使用すれば十分染まります。
利尻同様、乾いた髪にも濡れた髪にも使用でき、乾いた髪なら20~30分、一度染まれば濡れた髪に10分程度の時間で1週間程度色をキープできます。

また、肌に色がついても石けんで簡単に落ちるので、顔に染料をつけがちな人でも安心です。

トリートメント成分にはタカラバイオと共同開発で生まれたガゴメ昆布の成分Wフコイダンを使用し、非常に高い保水・保湿効果で髪だけでなく頭皮にもうるおいを与えます。
ルプルプは現在使用後でも全額返金保証が受けられるキャンペーンを行なっており、さらに初回お試しとして通常価格3,240円(税込)が1,980円、1回分のお試し用パウチもあるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

・レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネを販売する会社はスヴェンソンというドイツの老舗ヘアメーカーです。
上の2つに比べて若干染まり具合や持続性では劣るものの、頭皮マッサージで頭皮環境が良くなり、さらに髪にハリやコシが出ると人気の商品です。

染料はHC染料と塩基性染料のほかクチナシも使用し、髪にダメージを与えにくくなっています。
濡れた髪にも乾いた髪にも使用できるタイプで、濡れた髪にはマッサージ後10~15分、乾いた髪にはマッサージ後15~30分程度の時間放置します。
3回程度でほぼ目立たなくなり、色持ちは4~5日程度です。

レフィーネは頭皮環境の改善で髪の劣化を防ぐことを目標にしており、頭皮・毛髪ケア成分が16種類も配合されています。
ドイツファンゴという火山岩の粉を配合し、頭皮の毛穴に詰まっている汚れを取り去ってくれるので、新陳代謝が活発になり、健康な髪を育ててくれます。

さらに髪のダメージに直接働きかけるケラチンやコラーゲン、アミノ酸なども配合されているので、加齢によるハリやコシの減少に働きかけてくれるのです。

また香りにもこだわり、天然のエッセンシャルオイルを10種類配合し、リラックスタイムを演出します。

通常価格は3,600円(税込)ですが、初回限定で使用後でも全額返金保証があります。
頭皮マッサージで顔のたるみ改善にも効果が期待できるので、美魔女コンテストファイナリストの和田ゆうこさんお気に入りの商品です。

今や白髪を染めるのは面倒なこと、時間がかかることではありません。
シャンプー後に塗るだけで時間がかからず、さらにハリやコシ、ツヤを取り戻せるカラートリートメントで手軽に美髪になりましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント