白髪染めで髪が思ったより暗い色に!後からヘアカラーで明るくできる?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染めで髪が思ったより暗い色に!後からヘアカラーで明るくできる?
haircolor
白髪染めで髪が思ったより暗い色に!後からヘアカラーで明るくできる?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めで髪が暗くなったときの対処法とは?

最初に白髪染めを選ぶ時は、色で悩みませんか?
箱に書いてあるカラーガイドではイマイチ判断が難しいし、微妙な色合いの違いとなるとますますわからないですよね。

真っ黒は何となく嫌、でも明るすぎても無理しているみたいに見えるかな…などなど、結局無難なダーク系を選ぶ人が多いようです。

ところが、染めたら思った以上に暗いことがあります。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

白髪染めで髪が思ったより暗い色に!後からヘアカラーで明るくできる?

ヘアカラーで染め直しても大丈夫?

haircolor

白髪染めで暗くなった時、普通のヘアカラー、いわゆるファッションカラーの明るい色で染め直すことはできるのでしょうか。

明るめのヘアカラーで染めても明るくは出来ません

結論からいうと、残念ながら不可能です。
ヘアカラーだけでなく、明るめの白髪染めを使っても、明るく染め直すことはできません。

白髪染めには「濃く染めた髪は一度でその色より明るく染め変えることはできません」「すでに暗めの色で染めてある髪は、その色より明るく染め変えることは困難です」などと書かれています。
これは白髪染めに限ったことではなく、ファッションカラーでも色を明るく染め変えることは難しい、ということなのです。

その理由の一つが、濃い色の中に明るめの色を入れても、濃い色のほうが勝ってしまうということです。
黒に茶色を足しても、茶色の量が少なければ色はほとんど変化しません。
特にヘアカラーは染料の量が少なめなので、色を明るくするのは無理なのです。

そしてもう一つ、白髪染めやヘアカラーなどの永久染毛料の特徴からくる理由があります。
次で詳しくご説明しましょう。

白髪染めとヘアカラーの違い

白髪染めとヘアカラー(ファッションカラー)は基本的な原理は同じです。
しかし、白髪染めは白髪を染めるもの、ヘアカラーは黒髪を染めるもの、という大きな違いがあります。

白髪染めとヘアカラーの違いを理解していますか?

まず、簡単にこの2つの原理をご説明しましょう。

1液にはアルカリ剤と酸化染料、2液には過酸化水素(ブリーチ剤)が配合されています。
アルカリ剤はキューティクルを開く役割、過酸化水素は開いたキューティクルの中に入り込み、奥のコルテックス内にあるメラニン色素を破壊する役割があります。
そして同時に酸化染料がコルテックスに入り込み、メラニン色素の代わりとなるのです。

白髪染めとヘアカラーの最も大きな違いは、過酸化水素の量です。
白髪を染める場合、白髪と元の髪との差を埋めるために多少のブリーチ剤が配合されていますが、特に濃い色に染める場合、元の髪をブリーチする必要はほとんどないため配合量もわずかです。

ところがヘアカラーの場合は、黒髪をできるだけ白っぽくしなければいけません。
そのため、過酸化水素の量が多くなるのです。
その分酸化染料の量は減りますが、過酸化水素でブリーチ度が高ければ染料が少なくてもきれいに染まります。

このように、白髪染めとヘアカラーには大きな違いがあります。
では、白髪染めで染めた髪をヘアカラーで染めるとどうなるでしょうか。

色を変えるには、髪の中に入り込んでいる酸化染料の色を落とさないといけません。
しかし、ヘアカラーのほうが過酸化水素が多く配合されているとはいえ、酸化染料の色を落とすほどの威力はありません。

過酸化水素は生地の色を白くする漂白剤のうち、酸素系漂白剤といわれるものです。
酸素系漂白剤は生地はあまり傷めませんが、その代わり色を落とすのは難しいですよね。

液体の酸素系漂白剤は濃度が3~5%で、ヘアカラーの漂白剤も6%未満と考えられます。
これは、6%以上の水溶液になると劇物扱いになってしまうためです(各メーカーは企業秘密として、配合量の公表はしていません)。

酸素系漂白剤に30分つけた程度では色が変化しないのはご存知だと思います。
ヘアカラーのブリーチ剤はほかに配合されているアルカリ剤によって、6%未満でも漂白力が高くなってはいます。
しかし、しっかり染まっている髪の色を落とすほどの作用はありません。

白髪をヘアカラーで染めてもあまり色が入らないのは、酸化染料の量が少なめだからです。
それと同様に、一度暗く染まってしまった場合、少ない染料では明るくすることはできません。

黒を茶色に変えるには、大量の過酸化水素と染料が必要です。
そのため、説明書に「濃く染めた髪は一度でその色より明るく染め変えることはできません」と書かれているのです。

何度もヘアカラーで染めれば徐々に明るくなりますが、希望の色になる頃には髪はボロボロになっているでしょう。

どうすれば暗い髪を明るく出来る?

dousureba

とはいえ、どうしても色が気に入らないことはありますよね。
髪の量が多い場合はすごく重い感じになってしまいますし、うまく染まれば染まるほど均等に黒くなるので、染めたという感じが強くなってしまいます。
ここでは、暗い髪をできるだけ明るくする方法について解説します。

白髪染めで染めた色を抜く必要がありますが・・・

これまででご説明したように、酸化染料で染まった髪の色を変えるには、まず髪を漂白しなければいけません。
市販のブリーチ剤は大体過酸化水素6%で、それに過酸化水素をアルカリ化する薬剤がついています。
アルカリ化することによって、より色素が破壊されやすくなるのです。

しかし市販されているとはいえ、ブリーチ剤は非常に強力で、髪や頭皮のタンパク質を溶かしてしまったり、強い刺激や炎症を起こしてしまったりします。
顔や目に垂れてきて、ただれたり失明寸前になったりした例もあります。

また、均等に塗らないとはっきりムラができますし、早く塗ったところほど脱色が進み白っぽくなってしまいます。
そのようにブリーチされた髪を染めてもきれいに染まりませんし、早く厚く塗ったところほどツヤがなくなります。

また毛穴から入り込んで細胞を変質させ、白髪になったり髪自体が生えてこなくなったりする危険性もあります。

また、ブリーチ剤ではなく生地用の漂白剤を使用する人がいますが、これは非常に危険です。
髪用に作られていないため髪や頭皮を保護する作用が全くなく、一度の使用で髪も頭皮もボロボロになってしまうことがあります。
顔や目についた場合は、ブリーチ剤と同様かもっとひどい症状になる可能性があります。

やっぱりプロに任せるのが最も確実です

biyoushi

髪の色を抜くのは、非常に高等技術が要ります。
そのため、どうしても色を明るくしたいのであれば、美容師に任せるのが一番です。

しかし、実はこれでもうまく行くとは限りません。
というのは、自分で白髪染めをした場合、若干のムラがあることがほとんどです。
手が届きにくい後頭部や根元などは染まりが弱く、手が届きやすいところは逆にしっかり染まっています。

その染まり具合を確認しながら、素早く均等に脱色するようブリーチ剤を塗布していくのは、たとえプロでも至難の業なのです。
染めていない髪をブリーチするのでさえ、「プロの美容師でも難しい」といわれます。

そのため、一度染めた髪をプロにブリーチと再カラーリングしてもらっても、髪を傷めず希望の色になるとは限りません。
非常に高い技術を持った美容師を探す必要があるのです。

短期間で明るくしたいならヘアマニキュアを

それでもどうしても色を明るくしたいという場合は、ヘアマニキュアを試してください。
ヘアマニキュアは髪をコーティングするものですが、ほとんどが透明度があるため、爪のマニキュアのように元の色を完全に覆い隠すことはできません。

しかし白髪にはそこそこ色が入るので、自然な感じになります。
ただ黒髪の部分はあまり変化がないので、明るめの色を使用して光の当たり具合で茶色っぽく見えるようにする方法が良いかもしれません。

たまの外出時だけ、というのであれば、ヘアカラースプレーという手もあります。
1本700円程度でショートからミディアムなら1回分です。

髪を明るくする際の注意事項

chuui

これまでに書いたように、髪を明るくするのは非常に困難です。
それでも何とかしたいという場合は、以下のことを念頭に置いてください。

自分でブリーチするのは絶対にやめましょう

上で市販のブリーチ剤のことを書きましたが、実はもう一つ、使用しないほうが良いという理由があります。

一般のブリーチ剤は染めた髪を漂白する仕様にはなっていません。
あくまでメラニン色素を破壊するためのものなので、白髪染めの酸化染料を完全に破壊することはできず、若干は残ってしまいます。

それが均等に残ればまだ良いのですが、元の酸化染料やブリーチ剤の塗り方にムラがあると、一部だけ色が残る、あるいは変色してしまうことがあるのです。

その点、美容院では白髪染めの酸化染料を落とす「脱染剤」というものがあるので、よりきれいに酸化染料を落とすことができます。
しかし、髪を傷めることに変わりはありません。
できればできるだけ短めのショートカットにして、傷みが目立たないようにしましょう。

無理に明るくしようとすると明暗の差が目立つ

よほど技術のある美容師にブリーチ・再カラーしてもらわない限り、色ムラが出て明暗の差が目立ってしまいます。
また髪は特に毛先が傷むので、何度もシャンプーしているうちに毛先から退色して、根元との色の差がどんどん出てしまいます。

それよりは、美容院で髪の一部だけ軽くブリーチしてもらい、メッシュやグラデーションを作ることをお勧めします。
全体が傷むよりはマシですし、少し明るい色が入るだけで全体のトーンが変わりますよ。

なお、内側をブリーチしてもらうと傷みが目立ちませんし、毛先のほうだけブリーチすると、傷みが目立つようになったらカットしてしまえば良いので手軽です。

もっとお手軽に、エクステンションでポイントメッシュを入れるという手もあります。
通販などで簡単に取り外しできるものも売られていますので、髪への負担を最小限に抑えることができますよ。

白髪用トリートメントの使用は充分に注意して

白髪染めでしっかり染まってしまった髪をヘアカラートリートメントで明るくするのは不可能です。
ヘアカラートリートメントは基本的に髪表面とキューティクルの隙間に潜り込んで、色をつけるものです。
ヘアマニキュアと同様透明度があるため、酸化染料の上に色がついてもしっかりした色には染まらないのです。

しかし、ヘアカラートリートメントを毎日シャンプーの後に使用すれば、毎日新しい染料が付着することになるので、若干ですが明るくすることはできるかもしれません。

しかし、酸化染料とヘアカラートリートメントは相性があまり良くないといわれています。
現在のところ理由は判明していないのですが、商品によっては髪が緑色に変化してしまうことがわかっています。

原因としては、
ヘアカラートリートメントの染料のHC染料と酸化染料で化学反応が起こる
ヘアカラートリートメントに配合されている海藻と酸化染料の相性が悪い
成分が劣化している
脱色して黄色っぽくなった髪にヘアカラートリートメントの青色染料が入り込むことで、緑色になる

などの説がありますが、どれも想像の域を出ていません。
同じ2つの製品を使用しても色が変化しない人もいれば、かなりはっきりわかる緑色になってしまう人もいます。

海藻が原因という説もありますが、海藻を配合したヘアカラートリートメントと酸化染料を併用している人は大勢います。
海藻と酸化染料の化学反応で髪色が変化してしまうのであれば、誰にでも起こるはずです。

原因が特定されていないので、各メーカーは片方を使用したら2週間程度は間をあけることを推奨しています。

また、主にヘアカラートリートメントを使用した後に白髪染めやヘアカラーをした時に色の変化が起こるようですが、原因がわかっていない以上その逆が起こらないとは言い切れません。
最初は目立たないところに少しだけ使用するなど、くれぐれも注意して使用してくださいね。

まだ白髪染めをしていないなら・・・

osaeru

まだ染めてはいないけれど、そろそろ…と考えている場合は、以下のことをしっかり押さえてから使用しましょう。

明るめの白髪染めや白髪用トリートメントを使いましょう

これまで書いてきたように、濃く染めてしまった場合は色を明るくすることは大変な技術が必要で、しかも髪の傷みはひどくなります。
ですから、最初はちょっと明るめの色で染めるようにしましょう。

白髪染めの場合は、一度染めたら1週間は間を空けないと非常に髪が傷みますが、ヘアカラートリートメントは毎日使用しても良いほど刺激が弱いので、できればヘアカラートリートメントの使用をお勧めします。

①白髪染めを使用する場合

できるだけ希望の色に染まるようにするには、自分の髪色をよく把握することが大切です。
日本人の髪は黒の中に赤みが入り込んでいる場合が多く、ブリーチしてもその赤みが残ってしまいます。
そのため、白髪染めやヘアカラーの過酸化水素で脱色した場合、その赤みの上に色が乗って赤っぽくなってしまうことがあります。

これは特に健康な髪や太い髪の場合に起こります。
傷んだ髪はすでにキューティクルが開いているため、過酸化水素の働きが強くなり、より脱色されます。
しかし健康な髪は閉じているキューティクルを開くという手間がかかるため、規定の時間内では脱色がうまくできないことがあるのです。

また、太い髪というのはキューティクルの層の重なりが密になっていますから、やはり脱色に時間がかかります。
白髪染めやヘアカラーの説明書に「髪が太い人は時間を長めにおいてください」と書かれているのは、そういう理由からです。

白髪染めは各メーカーで成分の配合量が違いますから、脱色力も当然違います。
自分の髪を希望通りの色に染めてくれるのはどの製品か、色々試してみてください。

なお、市販の白髪染めやヘアカラーは、どれほど髪を保護する成分が配合されていてもかなり傷むと考えてください。
どんな髪質の人でも一度で染まるよう、薬剤が非常に強くなっています。

そのため、細毛の人や髪の量が少なめな人、ダメージヘアの場合ほど非常に傷みます。
また、頭皮につけたまま15~30分放置するので、頭皮へのダメージも強いです。

酸化染料のパラフェニレンジアミンをはじめとする「ジアミン系」やパラアミノフェノールなどの「フェノール系」は、アレルギーを引き起こすことがわかっています。
特にパラフェニレンジアミンは旧表示指定成分でもあり、アナフィラキシーショックで死亡した人もいるほどアレルギー作用が強いのです。

また、過酸化水素(ブリーチ剤)は濃度が高くなるほど皮膚や髪を溶かす作用が強くなるため、明るい色に染めるほど髪がボロボロになりますし、皮膚の炎症も起こりやすくなります。
「明るい色に染める=髪も頭皮も傷む=抜け毛、切れ毛、枝毛、白髪の原因になる」ということを覚えておいてくださいね。

②ヘアカラートリートメントを使用する場合

ヘアカラートリートメントはメラニン色素を破壊していませんし、髪表面とキューティクルの隙間に入り込んでいるだけなので、シャンプーごとに少しずつ色落ちし、時間とともに元の髪色に戻ります。
ですから、もし「ちょっと暗すぎる」と感じても、1~2週間そのままにしていれば段々明るくなってきます。

あまりお勧めはしませんが、毎日2回高級アルコール系シャンプーを使用すれば、より早く色落ちするでしょう。
また、髪が傷んでいるほど濃く染まりますが、キューティクルが開いているため入り込んだ染料の色が逃げやすく、退色も早くなります。

ただし、ヘアカラートリートメントの場合は髪を脱色していないため、元の髪色より明るくするのは難しいので、明るい色をキープしたい場合はできるだけこまめに使用しましょう。

最近はヘアカラートリートメントもかなり色数が増えてきました。
赤みを強調したものからマットなものまで色々ありますので、口コミなどを参考に色々検討してください。
でも、ヘアカラートリートメントは白髪染めのように一度できれいに染まることはないので、髪の毛があまり傷んでいるのでなければ「濃く染まり過ぎた」ということはあまり心配しなくても大丈夫ですよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント