薄毛が気になる女性にオススメ!市販の発毛剤や育毛剤の選び方と効果的な使い方-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 薄毛が気になる女性にオススメ!市販の発毛剤や育毛剤の選び方と効果的な使い方
tigai
薄毛が気になる女性にオススメ!市販の発毛剤や育毛剤の選び方と効果的な使い方
  • facebook
  • twitter
  • LINE
女性用の市販の発毛剤や育毛剤について解説!!

年を取れば仕方ないこと、と頭ではわかっていても、やはり永遠に美しい髪を保ちたいと思うのが女心。
特に、黒髪の日本人は髪が薄くなると地肌の肌色との対比がはっきりわかってしまうため、どうしても目立ってしまいます。
薄毛が気になる女性は、どんなケアをしたら良いのでしょうか。

ここでは、手軽に出来て効果も高い、女性用の市販の発毛剤や育毛剤について解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

市販の女性用発毛剤や育毛剤の利用者が増加中

zouka

発毛剤・育毛剤というと男性用というイメージを持っている女性がまだ多いようですが、実際には現在60種類以上の女性用または男女兼用の発毛剤や育毛剤が市販されています。
これは、多くの女性が薄毛に悩んでいるということでもあります。
最初は購入に勇気がいるかもしれませんが、今は通販で手軽に購入できるものがたくさんありますよ。

女性の抜け毛や薄毛には早めの対処が肝心です

女性の抜け毛や薄毛は、男性と違ってきちんとケアすれば治りやすいといわれています。
効果を実感するまでには早くて1ヶ月、通常は3~6ヶ月、薄毛が進行してしまっている場合は1年近くかかる場合もありますが、各商品のサイトを見ると90%以上の使用者が変化を実感しているのがわかります。

これは、女性の薄毛の原因が一つではないからです。
男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンの減少によるもので、分泌量を増やす方法はありますが、筋トレや食事制限、糖質の制限などが必要です。

そのため、よほど気をつけた生活をしていない限り男性ホルモンは20代前半をピークにどんどん減ってしまい、薄毛も進行してしまいます。

女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの減少によるところが大きいものの、そのほか栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなど様々な誘因が重なって起こるとされています。
そのため、市販の女性用発毛剤や育毛剤でいくつかが改善されると進行が止まったり、髪が生えてきたりするのです。

女性の抜け毛や薄毛には女性用の発毛剤や育毛剤を

男性の場合、男性ホルモンが減少してくると、その働きを維持するためにDHTという別の男性ホルモンに変化するのですが、DHTには非常に強い脱毛作用があります。

そのため、男性用の発毛剤や育毛剤はDHTの生成を抑えたり、DHTに変化させる物質の作用を抑制したりする成分が主となります。
これを女性が使用した場合、特殊なケースを除いてほとんど効果がありません。

それに対し、市販の女性用発毛剤や育毛剤は、女性の抜け毛や薄毛の原因を研究し、それに合わせた成分になっています。
たとえば、紫外線やシャンプーのし過ぎ、パーマやカラーリングでダメージを受け乾燥し硬くなった頭皮を保湿する成分や、男性より血流が悪く栄養が届きにくい頭皮の血行を良くする成分などです。

さらに、男性よりデリケートな皮膚であることを第一に考え、余計な添加物を排除し、できるだけ刺激の少ない天然由来成分を配合しています。

ほとんどの製品にアルコール(エタノール)が添加されていますが、これは成分を溶かすために最低限使用しているだけで、男性用のように清涼感をアップさせるために配合されている訳ではありません。
ですので、肌が乾燥してしまうことはほとんどありません。

医薬品と医薬部外品との違い

tigai

発毛剤・育毛剤には医薬品と医薬部外品があります。
市販の女性用のほとんどは医薬部外品の育毛剤ですが、発毛剤との違いを簡単にご説明します。

医薬品のメリットとデメリット、使用上の注意点

医薬品には、病院で医師の処方によって出される「医療用医薬品」と、薬剤師のいるドラッグストアや薬局で市販されている「一般用(OTC)医薬品」があります。

医療用医薬品はその名の通り、医師が診察し、医療の一環として医師が必要と認めた場合のみ処方されます。
一般用医薬品は医療用医薬品より作用を弱めにして、本人と薬剤師の判断で、誰でも購入できるものです。

<メリット・デメリット>

医療用医薬品も一般用医薬品も、治療あるいは予防効果があると厚生労働省に認められた成分が配合されているため、正しい診断の元使用すれば、必ず効果があります。
髪の毛に関しては、「発毛剤」が医薬品に当たります。
これは、「なくなったところに生やす」という治療になるからです。

しかし、医薬品には必ず副作用があります。
これは薬剤の性質や患者の体質や体調によって出方が違いますが、主に以下の原因があります。

・薬が有効性を示す濃度や量の範囲が狭い
ある一定の範囲の量であれば有効性だけですが、その範囲を少しでも超えたり少なかったりすると副作用が出てしまうものがあります。
たとえば、発毛剤に配合されているミノキシジルは血管を広げて高血圧を降下させたり血行をよくする作用がありますが、量や患者の体質などによっては広がり過ぎて、低血圧を引き起こすことがあります。

・薬が必要な場所以外にも作用してしまう
一番わかりやすい例が抗がん剤です。
がん細胞を叩く有効性はありますが、他の細胞も影響を受け、抜け毛や口内炎、吐き気などの副作用が現れやすくなります。

・患者の体質に合わない
患者の体質によって、成分に対して過敏症がある場合、副作用が出ます。

・薬と食品などの相性が悪い
高血圧の薬とグレープフルーツジュース、風邪薬とカフェインなど、食品の成分が薬の作用を必要以上に強めてしまったり弱めてしまったり、あるいは副作用が出てしまうことがあります。

患者一人一人の生活環境や体質、体調が違うため、これまで知られていなかった副作用が出ることもあります。
そのため、医師や薬剤師の指導は不可欠ですが、彼らでも対処できない副作用が出るリスクがあります。

医薬部外品のメリットとデメリット、使用上の注意点

医薬部外品は「薬用化粧品」と表示されることもあるもので、一定の効果・効能が認められた成分が配合されているものの、医薬品ほど作用が強くないものを指します。

<メリット・デメリット>

疾病の治療より予防のほうを重視しており、治療効果もあるものの、作用が穏やかなため長期間の使用が必要なものが多いです。
しかしその分副作用が出にくいというメリットもあります。
また、市販されているので購入しやすく続けやすいというのも良い点です。

育毛剤の多くはこの医薬部外品になり、基本的には現在生えている髪をより健康にしたり、弱くならないよう予防したりするという位置づけになります。

しかし、そういった効果を出すと頭皮環境が良くなり、細胞が活性化しやすくなるため、発毛しやすい土台を作ることができます。
そのため、育毛剤であっても発毛効果が期待できるのです。

市販の女性用発毛剤や育毛剤を選ぶポイント

point

市販の女性用発毛剤・育毛剤はどれも女性特有の薄毛の原因となる頭皮の乾燥や血行不良を改善する作用のある成分を配合してありますが、各メーカーが独自に開発した処方になっています。
そのため、以下のポイントを踏まえて選ぶようにしましょう。

自分の薄毛のタイプに合った発毛剤や育毛剤を選ぶ

女性の薄毛には、大きく分けて以下のタイプがあります。

①瀰漫(びまん)性脱毛症

女性に最も多い薄毛の症状で、頭部全体の髪が抜けたり細くなったりして薄くなります。
女性の髪の寿命は4~6年といわれ、そのほとんどが「成長期」に当たりますが、成長期途中で次の段階の「退行期」に入ってしまい、成長が止まってしまうのです。
それが2~3週間続いた後に「休止期」3~4か月を経て、抜けてしまいます。

ある程度の長さまで成長することが多いのですが、以前に比べて細くなり、ハリやコシがなくなります。
そのため、進行すると髪がふんわり立ち上がらなくなり、ボリュームダウンしたり分け目がはっきり見えたりするようになります。

原因は加齢による女性ホルモンの減少、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレス、過度のヘアケアなどが重なって起こります。

②FAGA(女性男性型脱毛症)

壮年性脱毛症の一種で、女性ホルモンの量が減ったために、わずかながら女性にも分泌されている男性ホルモンの作用が強くなり、それがDHTに変化することで起こるものです。

男性同様頭頂部や前頭部が薄くなり、瀰漫性脱毛症より早い段階で成長が止まってしまうため、抜ける髪も短めのことが多いです。
(瀰漫性脱毛症とFAGAを同じものと考える場合もあります)

③産後(分娩後)脱毛症

妊娠中大量に分泌される女性ホルモンが出産後に減少するために起こる、一時的な抜け毛です。
女性ホルモンには妊娠を維持する働きのほか、髪の毛の成長を助けて成長期を延長させる作用があるため、出産後に女性ホルモンの量が減ると、延長期に入っていた髪が一気に抜けるのです。
大抵は半年~1年で回復します。

④円形脱毛症

自己免疫疾患の一つで、リンパ球が毛穴の奥にある毛包を攻撃して縮小させてしまう現象です。
以前はストレスが原因と考えられていましたが、現在は誘因の一つとされ、根本の原因はまだわかっていません。
自然に治ることも多いのですが、再発しやすいといわれています。

⑤脂漏(しろう)性脱毛症

頭皮の皮脂が過剰分泌されることで毛穴が塞がり、炎症を起こして脱毛する症状です。
頭皮に常在するマラセチア菌が皮脂を食べて生じる遊離脂肪酸によって、かゆみや脂性フケが起こり、それが悪化すると髪が抜けてしまいます。

油っぽいものの食べ過ぎのほか、皮脂を分泌させる男性ホルモンの分泌量の異常などが原因とされています。

⑥粃糠(ひこう)性脱毛症

乾燥したフケが毛穴を塞いで炎症を起こし、脱毛する症状です。
主にシャンプーのし過ぎ、パーマやカラーリングのし過ぎで頭皮が乾燥していることで起こります。

⑦牽引(けんいん)性脱毛症

髪を常に結んでいて、根元が引っ張られるために起きる抜け毛です。
結ぶのを止めることで治ります。

女性用の発毛剤・育毛剤の多くはこのうち円形脱毛症と牽引性脱毛症以外のケアをしてくれます。
しかしFAGAや脂漏性脱毛症の場合、男女兼用の育毛剤のほうがより効果が出る場合がありますし、脂漏性脱毛症の場合は皮膚科で治療を受けたほうが良いかもしれません。

また、女性用育毛剤の中にも、原因すべてをトータルで捉えているものもあれば、女性ホルモンの減少を主な着目点にしているものもあります。
肌が乾燥しがちな女性がほとんどなので保湿成分は必ず配合されていますが、中には皮脂が多めで頭皮がべたつき気味の人もいます。

自分で原因を判断するのはなかなか難しいものですが、一般的にはトータルでケアするタイプが良く、さらに現在の頭皮状態に合わせて皮脂量を抑える成分・殺菌成分などの有無で選ぶと良いでしょう。

また、更年期以降で女性ホルモンの減少が原因とわかっている場合は、女性ホルモン重視型を選ぶというのも一つの方法です。

頭皮に優しい無添加の発毛剤や育毛剤を選ぶ

頭皮は一年中紫外線を浴びていますし、さらにシャンプーやパーマ・カラーリングなどで他のどの部分より負担がかかっています。
また、生理前は肌がとても敏感になり、荒れたり炎症を起こしたりしやすくなります。

しかし発毛剤や育毛剤は毎日使用しないと効果が薄れてしまうので、できるだけ添加物が少なく、肌に刺激がないものを選びましょう。

また、ほとんどの市販の発毛剤・育毛剤にはアルコールが添加されていますが、アルコールアレルギーや肌が過敏な場合はアルコール無配合のものが良いでしょう。

返金保証の付いた発毛剤や育毛剤を選ぶ

発毛剤は副作用がありますし、育毛剤も医薬品ほどではありませんが副作用が出る場合があります。
また、テクスチャーやにおいなど、好みに合わず長期続けるのは難しいと感じるものもあるかもしれません。
そのため、できるだけ返金保証がついた製品を選ぶようにしてください。

それがない場合は、初回の価格が割引されるものや、お試しサイズがあるものにしましょう。

市販の女性用発毛剤や育毛剤の効果を高めるには

takameru

いくら効果が認められている市販の発毛剤や育毛剤でも、使い方が正しくなければ効果は半減してしまいます。
ここでは、最低限守っていただきたいことをお伝えします。

パーマ、ヘアカラー、白髪染めは控えましょう

パーマやヘアカラー・白髪染めに共通するのは、髪と頭皮に強いダメージを与えてしまうということです。
これらに共通する成分にアルカリ剤と酸化剤があり、特に多く使用されているのがアンモニアやモノエタノールアミン(アルカリ剤)、過酸化水素(酸化剤)です。

頭皮や髪はpH4.5~5.5程度の弱酸性で、アルカリ剤はpH9前後です。
アルカリ性が強いほど髪のキューティクルがよく開き、薬剤が浸透しやすくなるのですが、薬剤で一旦開かれたキューティクルはしっかり閉じることができません。

そのため、キューティクルの奥にある水分やタンパク質、脂質などがシャンプーするごとに抜けてしまい、髪が細くパサパサになってしまいます。
また、薬剤が頭皮につくことで同じような症状が起こり、乾燥や炎症を引き起こします。

さらに毛穴から入り込んだ薬剤は、奥にある髪の毛根部にもダメージを与えるため、薄毛の原因となってしまいます。

同様に、過酸化水素はタンパク質を溶かす働きがあるため、髪だけでなくタンパク質で作られた毛母細胞も変質させてしまいます。

さらに、カラー剤に配合されている酸化染料は皮膚への強い刺激となることから、旧表示指定成分のアレルゲンです。
特に市販のファッションカラーや白髪染めは美容院のものより濃度が高いため、髪と頭皮を非常に傷めます。

頭皮がこれらの薬剤でボロボロになってしまうと、市販の発毛剤や育毛剤を使用しても薬剤の効果がなかなか出ません。

そのため、どうしてもパーマやヘアカラー・白髪染めをしたい場合は根元からは避ける、ダメージの少ないタイプにしてもらう、酸性カラーやヘアマニキュア・ヘアカラートリートメントなどにするといった方法を考えましょう。

なお、市販の発毛剤・育毛剤のほとんどにアルコールが添加されています。
アルコールはパーマやヘアカラーの作用を弱めてしまうため、どうしても根元から施術したい場合は数日間発毛剤・育毛剤の使用を中止したほうが良いでしょう。
詳しくは美容師や発毛剤・育毛剤のメーカーに問い合わせてください。

頭皮環境を整え、血行を促進しましょう

市販の発毛剤や育毛剤には頭皮の血行を促進させたり保湿して柔軟性を高めたりする成分が配合されていますが、頭皮環境が悪いと浸透力が悪くなってしまいます。
お肌の化粧品でも、冷え切った肌より温めた肌のほうが浸透力が高くなりますよね。

同じことで、頭皮の血行を促進して温めてあげることで、有効成分が肌の奥まで染み込みますから、同じ量使用しても効果が違ってくるのです。

頭皮の血行を促進して頭皮環境を整えるには、頭皮マッサージが最適です。
頭皮の毛細血管は表皮の下数ミリのところにあるので、強く押す必要はありません。

耳から上の部分は血管が毛細血管のみになるため血行が悪くなりがちなので、頭頂部と側頭部、前頭部を中心に指の腹でやさしくマッサージしてあげましょう。
特に、発毛剤や育毛剤を塗布した時には必ず頭皮マッサージも行なうことをお勧めします。

オススメの女性用発毛剤、育毛剤

osusume

現在のところ、市販されている女性用の薄毛対策用発毛剤(医薬品)は大正製薬の「リアップリジェンヌ」のみになります。

しかし、この製品の効能・効果は「壮年性脱毛症における発毛・育毛及び脱毛進行予防」と書かれています。
壮年性脱毛症とは中高年になって男性ホルモンの影響で髪が薄くなるタイプの脱毛症のことで、頭頂部を中心に髪が減ったり、全体的に薄くなったりします。

そのため20~30代の薄毛には向きませんし、使用上の注意として「頭頂部だけでなく、側頭部や後頭部も含めた頭部全体が脱毛している人」「20歳未満」「妊娠中・授乳中」「ダイエットによる脱毛」などは使用できないことになっているため、使用して良いかどうか判断が難しい製品です。

さらに、頭皮のかゆみ、かぶれ、フケ、頭痛、めまい、むくみなどの副作用が起こる場合があると明記されているため、当サイトではお勧めしません。
使用したい場合は、専門医や薬剤師に相談して合うかどうか判断してもらいましょう。

女性の薄毛に効く!オススメの女性用発毛剤、育毛剤

ここでは上記の理由により、市販の女性用「育毛剤」のオススメ商品をご紹介します。

①ベルタ育毛剤

女性用育毛剤としては後発組ですが、その分どの製品より高い効果が期待できる製品です。
多忙な女性に多い睡眠不足や生活環境の変化、ホルモンバランスや栄養バランスの乱れからくる薄毛について徹底的に研究し、56種類もの育毛・頭皮ケア成分を配合しており、全成分の99.9%を占めます。

そのため、様々なタイプの抜け毛や薄毛に対応し、しかも16種類の成分無添加なので、とても頭皮にやさしい作りとなっています。
成分がナノ化されているので浸透力がとても高いのも、オススメの理由です。

②ミューノアージュ

皮膚科形成外科医と共同開発された「ドクターズコスメ」です。
頭皮環境を整える保湿成分たっぷりの1剤と、血行を促進し育毛効果のある有効成分を配合した2剤に分かれています。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、分けることによってそれぞれの成分の効果を最大限に引き出すことができます。
さらに成分を2つに分けることができるため、多くの成分をムラなく溶かすために必要なアルコールが添加されていません。

髪の根元からパーマやヘアカラー・白髪染めをしている場合は、ミューノアージュをお勧めします。

③長春毛精

女性に多い冷え性やダイエット、更年期、妊娠・出産などで乱れがちなホルモンバランスを、和漢薬で整えるのが長春毛精です。
中国の長春中医学院(長春中医薬大学)の協力の元、女性の薄毛に効果的な12種類の和漢薬を厳選しています。

それらを発毛・育毛サロンの草分けであるバイオテックの最新技術でナノ化し、浸透力をぐんと高めました。

さらに、長春毛精を定期購入すると、全国57か所のバイオテックサロンで無料のカウンセリングやケアが受けられるという特典もついています。
自分では判断しにくい頭皮の状態をマイクロスコープでチェックし、年2回施術ケアも受けられますよ。

④マイナチュレ

女性用発毛・育毛剤の草分け的存在で、ロングセラー商品です。
女性の薄毛・抜け毛の原因を食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、ストレス・出産などから来るホルモンバランスの乱れと、間違った頭皮ケアなどによる外部からのダメージによるものとし、その2大要因にアプローチして頭皮環境を整えます。

10種類のアミノ酸配合で細胞のエネルギーをプラスし、27種類の天然成分が穏やかながら確実な働きで育毛のサイクルを整えてくれます。
また11種類の刺激性成分無添加で、敏感肌や妊娠中の女性でも安心して使用できます。

女性の薄毛には様々な原因がありますが、毎日多忙だとそれらを見直すのは難しいことがあります。
そんな時には、ぜひ頭皮環境の改善をサポートする市販の発毛剤・育毛剤で手軽にケアしてくださいね。
すぐには改善しなくても、3か月、半年後には効果が実感できるはずですよ。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント