【フケが止まらない】フケは頭皮が炎症を起こしているサイン!早急な対処が必要です-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > 【フケが止まらない】フケは頭皮が炎症を起こしているサイン!早急な対処が必要です
kininaru
【フケが止まらない】フケは頭皮が炎症を起こしているサイン!早急な対処が必要です
  • facebook
  • twitter
  • LINE
フケを発生させる主な原因について解説!

フケというと、不潔の象徴のように思われていますよね。
しかし、毎日ちゃんとシャンプーしても、フケが止まらず悩んでいる人は少なくありません。
フケの原因を知って、早急に対処しましょう。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

フケが止まらない!?

tomaranai

黒っぽい服を着た時、初めて自分の頭皮からフケが出ていることに気づく人は多いものです。
他人の肩のフケをとても汚いと感じていたのに、まさか自分にも?とショックを受けますよね。
フケの正体は一体何なのでしょうか。

フケは頭皮が炎症を起こしているサインです!

実は、フケは誰にでも出ているものです。
ただ、正常なフケは非常に小さく、肉眼では見えないほどのサイズなのです。

フケと垢(あか)は同じもので、頭皮ならフケ、それ以外の場所では垢と呼ばれます。
新陳代謝によって出るものですから、生きていれば必ず毎日フケや垢が発生します。
しかし、例えば顔に垢が出る、ということは通常ありませんよね。
これは肌のターンオーバーが正常なので、洗顔時などに小さい片となって自然に剥がれるためです。

しかし、お肌が荒れると白い粉や片のようなものが肌の表面に浮き出たり、炎症を起こしてかゆくなり、掻くと白いものがポロポロむけたりすることがあります。
それが頭皮に起きたものがフケで、炎症を起こしているサインなのです。

フケの正体とフケが発生するメカニズム

フケや垢の正体は、皮膚の表皮部分の一番上にある角質が剥がれたものです。
表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層から成り、一番下にあるのが基底層です。
この部分の細胞が分裂し、少しずつ上に押し上げられて行き、最後に角質層まで行くと約14日かけて少しずつ剥がれていくのです。

これをターンオーバーといい、基底層で細胞分裂が始まってから約28日かかるといわれています。
ただし、それは20代までのことで、加齢とともにターンオーバーの周期はもっと長くなります。

フケも垢も肌の新陳代謝が正常であれば、非常に小さな片になって剥がれていくため、ほとんどわかりません。
目に見えるようなフケは、頭皮の新陳代謝が正常ではなくターンオーバーサイクルが狂ってしまった場合に出てくるものです。

ターンオーバーサイクルが狂う原因は様々ありますが、どの場合も角質層の一番上にある皮脂膜の状態が悪くなり、外的刺激を直接受けて炎症を起こしている状態です。
皮脂膜がないため皮膚内部の水分が蒸発してしまったり、逆に皮脂が多すぎて紫外線によって酸化したりして、肌が正常に新陳代謝できなくなってしまうのです。

炎症によるフケを引き起こす主な原因

ここでは、ターンオーバーサイクルが乱れて炎症を起こし、フケを発生させる主な原因について詳しく説明します。

過剰な皮脂や雑菌の繁殖による【脂漏性皮膚炎】

「脂漏(しろう)」とは、皮脂腺から出る皮脂が過剰になった状態のことです。
皮脂の分泌量は人によって違いますが、季節や食事、生活習慣などによっても変化します。

なお、皮脂量をコントロールしているのは男性ホルモンとなっており、生理前やストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れることで一時的に男性ホルモンの作用が優位になり、皮脂過剰を起こす場合もあります。
また、元々男性ホルモンの分泌量が多めの女性も、皮脂過剰になることが多いようです。

皮脂が増えると、紫外線によって酸化して過酸化脂質に変化し、頭皮に刺激となります。
また、皮脂は頭皮に常在するマラセチアという菌のエサになるのですが、皮脂が増えるとマラセチア菌も異常繁殖し、脂肪酸を排出します。
この脂肪酸が肌に刺激を与え、炎症を起こしてターンオーバーサイクルを乱してしまうのです。

脂漏性皮膚炎によるフケは大きめで、脂っぽいという特徴があります。
髪や肩にこびりつき、簡単には落ちません。

皮脂不足等の頭皮の乾燥による【皮脂欠乏性皮膚炎】

脂漏性皮膚炎とは逆に、皮脂が不足して起こるのが皮脂欠乏性皮膚炎です。
いわゆる乾性フケで、細かい粉や片になってパラパラと落ちるタイプのものです。
簡単に払い落とせますが、髪にこびりつかない分払っても払っても落ちてきます。

乾性フケが出る最も大きな原因は、シャンプーのしすぎだといわれています。
皮脂は頭皮にとって非常に大切なものですが、洗浄力や脱脂力の強いシャンプーで簡単に落とされてしまいます。

一度皮脂がなくなると、再度頭皮が潤うまでに7~12時間程度かかるといわれており、これが正常なターンオーバーサイクルを乱してしまうのです。

皮膚は常に皮脂が失われた状態になると、いずれ皮脂を出すという作業を止めてしまいます。
それによってさらに肌が乾燥し、乾性フケの原因となるのです。

その他の原因としては、血行不良があります。
寒さやストレス、運動不足などによって頭皮の血行が悪くなると、皮脂の分泌に必要な栄養素が頭皮の皮脂腺に届きにくくなります。
そのため肌が乾燥しやすくなり、乾性フケが出てきてしまうのです。

この原因の場合は、頭皮だけでなく顔や手足も粉が吹いたり、かゆみや炎症を起こしたりすることが多くなります。

頭皮への過剰な刺激等による【接触性皮膚炎】

洗浄力が強いシャンプーによって、接触性皮膚炎になることもあります。
常に皮脂が不足している状態でシャンプーを使用すると、それが刺激となって炎症を起こし、皮膚の新陳代謝が乱れてしまうことがあるのです。

理美容師の皮膚炎の最も大きな原因はシャンプーといわれていることからも、シャンプーが頭皮にとって刺激が強いことがわかります。
しかも、美容室で使用されているシャンプーの多くは刺激の少ないアミノ酸系ですが、それでも回数が多ければ接触性皮膚炎を引き起こすのです。

「理・美容師の職業性接触皮膚炎:独立行政法人労働者健康福祉機構」より 出典:http://www.research.johas.go.jp/

「理・美容師の職業性接触皮膚炎:独立行政法人労働者健康福祉機構」より
出典:http://www.research.johas.go.jp/

そのほか、スタイリング剤に含まれる界面活性剤などが刺激となって、炎症を起こすこともあります。
特に寝ぐせを直したり髪を根元から立ち上げたりするために、スタイリング剤を頭皮にかけることは、接触性皮膚炎の大きな原因となります。

アトピーやジアミン等による【アレルギー性皮膚炎】

アレルギー性皮膚炎の原因となるものに、2剤式白髪染めがあります。
薬剤に含まれる酸化染料のパラフェニレンジアミンは毒性があり、アレルゲンとなることがわかっています。

そのほかの染料も「~ジアミン」「~フェノール」という名称のものは化学構造が似通っているため、やはりアレルゲンとなります。

これらの成分によってアレルギー性皮膚炎を引き起こすと、最初は頭皮に軽いかゆみや炎症が起こり、それが段々ひどくなり首や顔など薬剤がついた部分に広がり、場合によっては全身がかぶれることがあります。
さらには血圧低下や呼吸困難、アナフィラキシーショックなどを起こすこともあり、たかがフケと侮っていると大変なことになる可能性があるのです。

同様に、アトピーの人がこれらの染料によって症状が悪化し、皮膚が乾燥したり強いかゆみのために頭皮を掻いてしまったりして、フケが出ることがあります。
アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が失われているため水分が蒸発しやすく、化学染料などの外的刺激によってすぐに悪化してしまうのです。

頭皮の炎症を抑えるには?

炎症がある限り、フケはなかなか止まりません。
シャンプーでフケを抑えるものもありますが、ドラッグストアで販売されているものの多くは脂性フケ用で、乾性フケが大半の女性には合いません。

また、炎症の原因を根本的に治さなければ、いつまで経ってもフケはなくなりません。
ここでは炎症の対処方法と、根本的な改善方法を解説します。

掻くのは厳禁!我慢できない場合は皮膚科へ

hihuka

「かゆい!」と思った時には、反射的に掻いてしまうものです。
それをずっとこらえているのはかなりつらいですし、かといって掻いてしまうと肌の新陳代謝がさらに乱れ、フケを増やしてしまいます。

とりあえずの対処として、かゆみを感じたら掻くのではなく、軽く叩くようにしましょう。
あるいは、かゆい部分に指を押し当て、少し強めに押すようにします。
それだけでも、かゆみがおさまることがあります。
また、炎症で熱を持っている場合は、氷や保冷剤などで少し冷やすのも効果的です。

それでも我慢できない場合は、皮膚科を受診しましょう。
大体の場合、ステロイド入りの塗り薬や抗ヒスタミン薬を処方されます。
副作用を心配する人もいますが、かゆみや炎症を抑えないと、精神的にも非常にストレスになります。
薬の力を借りながら対策を取ったほうが、ストレスにならないので早く治ることが多いですよ。

なお、薬局にも様々な軟膏が販売されていますが、かゆみの原因によって処方が違いますから、できれば皮膚科で診断を受けたほうが良いでしょう。

シャンプーやヘアケアの見直し+頭皮の保湿

shanpu

フケの原因が何であれ、シャンプーがその原因を悪化させていることは間違いありません。
もちろん、主原因であることも非常に多いです。
そのため、フケに合ったシャンプー選びがとても大切になります。

乾性フケの場合、頭皮が乾燥していることが原因ですから、保湿成分が含まれているものが一番です。
また、保湿成分が含まれていても洗浄力や脱脂力が強いと効果が半減しますから、アミノ酸系の洗浄力が穏やかなものを選びましょう。

脂性フケの場合、まずはその原因を考えてからシャンプーを選びましょう。
皮膚は皮脂が不足すると多めに分泌して乾燥を防ごうとする作用があるため、脂性フケが出ていても実は乾燥が原因ということがよくあるのです。

まずは乾性フケと同様アミノ酸系のシャンプーを使用し、フケが減るかどうか確認してください。
1ヶ月程度使用しても全くフケが減らない場合は、アミノ酸系のシャンプーで二度洗いするか、一般的なシャンプー(高級アルコール系)を使用しましょう。

ただし、高級アルコール系のシャンプーは刺激が強めなので、洗う時は以下のようにしてください。
もちろん、アミノ酸系のシャンプーを使用する場合もお勧めできる洗い方です。

・シャンプー前に、1~2分かけて髪を十分に予洗する

これだけで髪の表面の汚れの7割は落ちるといわれています。

・手を濡らし、シャンプーを1プッシュ手のひらに出す

ショートカットなら1プッシュ、ロングヘアでも3プッシュが一度のシャンプーの適量です。

・シャンプーを泡立てネットなどで十分に泡立てる

洗顔用やシャンプー用の泡立てネットを使うと、簡単にクリーミーな泡を作ることができます。

泡立てネットがない場合は、泡が出るまで両手のひらをこすり合わせましょう。
シャンプーを水で薄めて、泡立てポンプに入れておくのも便利です。

・泡を頭皮につけ、軽くなじませたら指の腹でやさしく洗う

泡立ったシャンプーは、汚れを取り去るのに最適な状態になっています。
無理に力を入れず、やさしく頭皮の汚れを浮かしながら洗いましょう。
その後、残った泡で髪を包んで洗います。

これまでシャンプーを何プッシュもして使用していた人は、それだけでフケの原因を作っています。
シャンプー前の予洗である程度汚れが落ちていれば、たった1~2プッシュで十分に髪も頭皮も清潔になり、しかも必要な皮脂は残りますよ。

なお、シャンプーやリンス、コンディショナーはできるだけノンシリコーンタイプにしましょう。
シリコーンは髪の手触りをよくし、キューティクルを保護する作用がありますが、頭皮につくと刺激となります。
フケが出ている状態の場合は特に、ノンシリコーンのものをお勧めします。

また、シャンプーの後は頭皮の保湿も大切です。
顔用の保湿化粧品でも良いのですが、できれば頭皮専用のものか、ホホバオイルやアルガンオイル、ツバキ油など頭皮に栄養を与え、しかもあまりべとつかないものがお勧めです。

意外!?生活習慣や食生活の改善も効果的

seikatsushuukan

実は、フケと生活習慣や食生活には密接な関係があります。
皮脂欠乏性皮膚炎のところでも書きましたが、頭皮が正常に新陳代謝するためには血行が良くなければいけません。

血行が良くなると皮脂腺細胞に材料が送り込まれ、それが皮脂となって頭皮を覆い、皮膚バリアとなるのです。
皮膚バリアが角質層を覆うことで皮膚のターンオーバーサイクルが狂わず、角質層がフケにならず非常に小さい粉になり、自然に剥がれてくれます。

血行を良くするには、食事がとても大切になります。
食べたものが消化吸収され、血液となって全身を巡り、各組織に栄養を送り、不要物を回収して最終的に排出させるという流れになっており、栄養不足はこの流れを止めてしまいます。

また、この一連の作業のうち、頭皮は最も後回しにされる部分です。
頭皮や髪は生命維持に必要なものではないため、血液が不足すると頭皮に回って来ないのです。
ですから、栄養のバランスを考えた食事をしっかり摂ることが大切なのです。

また、いくら良いものを食べても、生活習慣が乱れていると栄養になりません。
睡眠不足や運動不足、ストレスは内臓の働きを低下させてしまいます。

するとせっかく摂った栄養が十分に身体に回らずに排出されてしまったり、血液が集めてきた老廃物や不要物を排泄することができなくなったりします。
さらには新陳代謝機能が低下し、臭いを伴う脂性フケが出やすくなったり、きれいな血液が届かないために新陳代謝途中で角質層が剥がれてパサパサのフケになってしまったりするのです。

シャンプーを変えてもフケが治らないという場合は、生活習慣や食生活に問題があることが多いので、根本から見直し、十分な栄養と睡眠、運動を心がけましょう。

白髪が気になる場合は

kininaru

フケが常に出ているような場合、2剤式白髪染めを使用するのはとても危険です。
皮膚の新陳代謝機能が衰えて敏感になっている時にアルカリ剤や過酸化水素を配合した白髪染めを使用すると、接触性皮膚炎を発症する可能性があります。
また、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料によって、アレルギーを引き起こしやすくなるのです。

とはいえ、白髪はどんどん伸びてしまいますから、放置するのはつらいもの。
そんな時に使用できるのが、カラートリートメントです。

低刺激のカラートリートメントで染めましょう

カラートリートメントの第一の特徴は、何といっても低刺激なことです。
接触性皮膚炎を起こしやすいアルカリ剤や過酸化水素、アレルギー性皮膚炎の原因となる酸化染料を使用していないため、とても頭皮にやさしいのです。

また、カラートリートメントは多くの女性が加齢とともに肌が乾燥することに着目しており、保湿成分がたっぷり配合されていますから、乾性フケで悩む女性が安心して使用できます。
さらには皮脂をコントロールする成分や殺菌作用のある成分を配合しているものもあるので、そういった製品を使用すれば脂性フケを改善させる助けにもなるのです。

たとえばブランドシェア1位の利尻ヘアカラートリートメントの場合、保湿成分として利尻昆布やオタネニンジン根エキス、カミツレ花エキスなど、皮脂コントロール成分としてセイヨウキズタエキスやオランダガラシエキス、オドリコソウエキスなどが配合されています。

さらに、細胞の新陳代謝を促進する成分や皮脂に近い成分、毛細血管を修復する成分なども入っていますから、乾性フケ・脂性フケどちらの改善も期待できるのです。

また、利尻ヘアカラートリートメントルプルプなど、無添加処方でアレルギー・パッチテスト済みのものもありますから、敏感になっている頭皮にも使用できます。

ただし、炎症を起こしてかゆみやかぶれなどがある場合は、まず皮膚科で治療するべきです。
また、フケだけの場合も頭皮が敏感になっていることは間違いないので、必ず使用前にパッチテストを行なうようにしましょう。

白髪が目立つ上にフケがあると、どれだけ美しく化粧しておしゃれをしても台無しです。
白髪を染めながらフケの解消をサポートしてくれるカラートリートメントを、ぜひ使用してみてくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント