妊娠中に白髪を染めるのは危険?刺激の少ないカラートリートメントなら大丈夫?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 出産と白髪 > 妊娠中に白髪を染めるのは危険?刺激の少ないカラートリートメントなら大丈夫?
anshin
妊娠中に白髪を染めるのは危険?刺激の少ないカラートリートメントなら大丈夫?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
妊娠中に白髪を染める危険性について解説!

妊娠中に白髪を染めてもいいかどうか、とても悩みますよね。
でも白髪はどんどん伸びるし、外出の機会もあるし、染めない訳にはいかない、という状況の女性はたくさんいます。
そんな時こそ、カラートリートメントを使用してみませんか?

妊娠中に白髪が増える原因は?

ninshin

必ずということはありませんが、妊娠中に白髪が増えたと感じる人は多くいます。
原因ははっきりしていませんが、現在考えられるのは以下のことです。

妊娠中はホルモンのバランスが大きく乱れる

妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが通常の何倍も分泌されるようになります。
これらによって妊娠が継続し、さらに母乳を出せるよう身体を変化させていくのです。

本来エストロゲンには髪の成長を助け、健康に保つ働きがあります。
分泌量が増加するのになぜ白髪が増えるのか、というと、産後母乳をしっかり出せるように身体を準備することに使われ、髪に対する働きが弱まるからではないか、と考えられています。

また、つわりで肉や脂肪を受け付けなくなった、という女性は多いですが、これらは女性ホルモンの原料です。
少ないタンパク質や脂肪からは、髪にまで回せるほどの女性ホルモンが作れないのではないか、ともいわれています。

もう一つ、成長ホルモンの分泌量の低下も関係していると考えられています。
大人になっても成長ホルモンは分泌され、熟睡(ノンレム睡眠)中に多く分泌されることがわかっています。

成長ホルモンには細胞の新陳代謝を助け細胞を修復する働きがあり、髪の健康にもとても大切なホルモンです。

しかし、妊娠中は眠くてたまらないのに眠りが浅い、あるいは出産や子育ての不安で眠れないといったことが多く、なかなか熟睡できないのです。
すると成長ホルモンの分泌量が減り、白髪や抜け毛が増えてしまうのです。

栄養や酸素が髪の毛まで充分に届かない

妊娠すると、母体は自分より胎児に優先的に栄養を送ろうとする働きがあります。
元々身体にとって髪の毛は生命維持に関係ないものなので、血液が送られるのは最後です。
普段からそうなのですから、胎児という別の命が体内に存在するとなると、ますます髪に回す栄養が減ってしまうのです。

また、妊娠中は特にタンパク質や鉄分、葉酸、カルシウムなどが胎児を成長させるために必要ですが、これらはすべて髪の成長にも大切な成分ばかりです。
タンパク質は髪の主成分ですから、不足すると髪が痩せて切れ毛や枝毛の原因になります。

鉄分は赤血球内のヘモグロビンの材料で、全身に酸素を運ぶためになくてはならないものです。
酸素が不足すると新陳代謝が行われなくなるため、白髪や抜け毛が増えてしまいます。

また、葉酸には赤血球の生成を促進する作用があり、頭部の毛細血管まで血液を送ったり新陳代謝を助けたりするので、やはり白髪防止に必要な成分です。

これらの白髪防止に大切な成分がほとんど胎児に送られてしまうため、白髪が増えやすいのです。

ストレスがホルモンバランスや栄養供給を阻害する

女性ホルモンや成長ホルモンと自律神経には密接な関係があります。
これらすべてをコントロールするのが脳の視床下部という同じ場所なので、どれかが乱れると他の働きまで狂ってしまうのです。

妊娠中は出産や育児のことに対して不安を感じることが多く、それがストレスとなって自律神経を狂わせます。

すると女性ホルモンや成長ホルモンのバランスも乱れやすくなり、ますます精神が不安定になりやすくなります。
そしてさらに自律神経が乱れるという悪循環になるのです。

ストレスは消化機能を低下させるため、摂取した食べ物が十分消化吸収できなくなりますし、血管を収縮してしまうので栄養が頭部に届きにくくなり、白髪の原因になってしまうのです。

妊娠中に白髪を染めるのは危険?

siraga-someru

妊娠中に2剤式白髪染めを使用するのは危険かどうか。
これは様々な見解があり、全く問題ないという意見がある一方で、薬剤が肌から浸透し、胎児に悪影響を与えるという意見もあります。

白髪染めの説明書には使用を控える状態として「頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中等)」という書き方をしているので、どちらにせよあまり良いものではないようです。

白髪染めに含まれる注意すべき薬剤(成分)

白髪染めはしないほうが良いという意見を述べる人は、その成分の危険さを理由に挙げています。

2剤式白髪染めにはアルカリ剤、酸化染料、過酸化水素が含まれていて、特に危険とされるのが黒褐色を作り出す酸化染料の「パラフェニレンジアミン」です。
この染料は旧表示指定成分で、アレルギーを引き起こす危険性があることがわかっており、さらにEU諸国では発がん性が認められたとして使用禁止になっている成分です。

この成分でアナフィラキシーショックを起こし死亡した例があることから、毛穴などから体内に吸収され、それがアレルゲンとなる危険性がある、というのが使用を良しとしない人達の考えです。

また、NPO法人食品と暮らしの安全基金の調査によると、ヘアカラーには環境ホルモン作用があり、東海大学と北里研究所がマウスで実験をしたところ、子宮に悪影響を与えることが判明した、という発表をしています。
参考:http://tabemono.info/report/former/4.html

医学的に証明されたものではないため、どこまで信用するかは個々の判断となります。
妊娠中は使用しないほうが良いという意見の存在を知っていても、何度も使用したが子供にアレルギーは出ていない、という意見は非常に多く見られます。

ただ、アレルギーはすぐ発症するとは限らず、数十年後に反応が出ることもあります。
現在白髪染めやヘアカラーに対してアレルギー症状がある人が、母親が過去それらを使用したことが原因の一部である可能性を肯定はできませんが、かといって否定もできないのが現状です。

ホルモンバランスの影響で肌が敏感になる

妊娠中に肌が敏感になることはよく知られています。
女性ホルモンのエストロゲンには美肌を作る働きがありますが、プロゲステロンは皮脂量を増やし水分を溜め込む働きがあり、別名「ブスホルモン」と呼ばれるほど肌の状態を悪くする作用があります。

通常は生理周期に従ってこの2つの分泌量が変わるのですが、妊娠中は両方とも多く分泌されるため肌の状態が不安定になり、ニキビができたかと思ったら乾燥して荒れたりかぶれたりといった様々な症状が起こりやすくなります。

そういった状態の時に頭皮に刺激がある薬剤を塗布すると、普段何ともなくても炎症やかぶれが出ることが多いので、肌の状態が過敏な時は使用しないほうが安心です。

長時間同じ姿勢で居続けると身体に負担が掛かる

futan

美容院で染める場合、全体染めは約2時間、リタッチでも1時間近く同じ姿勢で座っているため、お腹や腰に負担がかかります。
また、シャンプー台で仰向けになるとお腹がつらいという人も多く、中には貧血を起こしてしまうこともあります。

これは特に妊娠後期に起こりやすく、子宮の重みが血管を圧迫することで心臓が血液不足と酸欠を起こし、意識がなくなってしまう症状です。
酸欠状態が長くなると胎児にも酸素が行かなくなる(胎児ジストレス)ため、各臓器に障害が生じ最悪の場合亡くなることもありますから、注意が必要です。

白髪染め特有の刺激臭で気分が悪くなることも

白髪染めのあのツンとした臭いが苦手な方は多いと思いますが、妊娠中はニオイに敏感になることが多く、頭痛や吐き気が起こることがあります。

あの臭いの原因は白髪染めやヘアカラー、パーマなどに使われるアンモニア(アルカリ剤)です。
アンモニアは劇物指定されており、濃度によっては刺激があり危険な成分です。
特にニオイに敏感になっている時は、その刺激臭によって呼吸困難になることも確認されており、母体にも胎児にも良くありません。

もし、妊娠中にアレルギー反応が出てしまったら

妊娠中はアレルギーを起こしやすいといわれています。
これは母体が胎児を異物と捉えないよう免疫力が低下している状態なので、アレルゲンに対しても抵抗力が弱くなってしまうためだと考えられています。

アレルギーと思われる反応が出た場合は、すぐに医師に相談してください。
また、妊娠前からそのアレルギーがあった場合でも、薬の成分によっては胎児に影響を与えてしまうことがあるので、同じ薬を飲み続けるのではなく、やはり医師に相談しましょう。

カラートリートメントなら使っても大丈夫?

daijoubu

カラートリートメントは安全性が高いといわれていますが、妊娠中に使用しても大丈夫なのでしょうか。

無添加のカラートリートメントを選びましょう

2剤式白髪染めが危険だといわれているのは、成分にアルカリ剤、過酸化水素、酸化染料が使用されているからです。
カラートリートメントはこの3種類を使用していないものがほとんどなので、ひとまず安心ということになります。

また、2剤式白髪染めやヘアカラーが「医薬部外品」なのに対し、カラートリートメントは「化粧品」です。
化粧品区分の場合、医薬品や医薬部外品のような副作用はないと考えられています。

ただ、アルカリ剤、過酸化水素、酸化染料は含まれていなくても、パラベンやシリコーン、合成香料など、肌が敏感な人には刺激となる危険性のあるものが含まれている商品は少なくありません。
妊娠中は特に肌が過敏になるため、できるだけ無添加と書かれたものを選びましょう。

なお、カラートリートメントと称していても、酸化染料は使用していないもののアルカリ剤や過酸化水素を使用しているものがあります。
また、成分表で「赤〇〇」「黒〇〇」というような表記があった場合、タール系の色素を配合しています。

化粧品で使用されているタール系色素の中にはアレルゲンとなるものがあり、欧米では使用禁止に指定されているものもあります。
妊娠中は特に肌が敏感になっているので、できるだけ避けたほうが安心です。

いくら安全でもパッチテストは必須です

カラートリートメントは安全性が高いとはいえ、成分の中にはこれまで触れたことのないものが配合されていることがあり、それがアレルゲンになる可能性があります。

例えば配合されている海外のハーブなどで聞いたことがない植物が、マメ科やキク科といったアレルギーを引き起こしやすい種類であることもあります。
また、保湿剤としてアレルゲンである大豆のエキスを配合してあるものもあります。

体内に入らなければ安心なものがほとんどですが、万が一のことを考えて必ずパッチテストを行なうようにしましょう。
その場合、面倒でも染める2日前に、塗布後30分と48時間後の両方チェックするようにしてください。
アレルギーには即時型と遅延型があり、遅延型は48時間前後に発症することが多いためです。

安心して使えるカラートリートメントは

anshin

化粧品として一般に販売するためには、未開封の場合3年以上使用可能でなくてはいけません。
そのため、成分を酸化させない、変質させない、腐らせないといった目的のために何らかの成分を入れることが必要になります。
いかに刺激が少なく安全性が高い成分を使用するか、が安心の決め手になるのです。

ここでは刺激が強い成分を極力抑え、肌が弱い人や敏感な状態でも負担になりにくいカラートリートメントをご紹介します。

刺激の少ないカラートリートメントならコレ

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、日本で最初に開発・発売されたカラートリートメントです。
開発者である株式会社ピュールの代表者自身が肌が弱く2剤式白髪染めを使用できなかったため、安全性が高い成分を使用して白髪を染める製品を作ろうと思い立ったのがきっかけです。
そのため、利尻ヘアカラートリートメントは非常に安全性が高くなっているのです。

アルカリ剤、酸化染料、過酸化水素を使用していないのはもちろん、発がん性があると疑われているタール系色素やパラベン、酸化剤、シリコーン、鉱物油、香料を使用していません。
さらにアレルギーテスト・パッチテスト済みなので、安全度がより高くなっています。

染料にはHC染料と塩基性染料のほか天然の植物色素を4種類配合し、合成染料の刺激を弱めるほか、相互作用で髪を濃く自然な色に染めてくれます。
1回の使用でも白髪が目立たなくなり、2~3回使用した後は10日に一度程度の使用で色をキープできます。

また、妊娠中はなかなか髪のケアができないものですが、28種類もの植物由来美髪成分を配合しているので、髪のダメージを抑え、ツヤのある美髪を作り出してくれます。

乾いた髪、濡れた髪どちらにも使用できるので、その時の体調に合わせて使用方法を選べますし、無香料なのでニオイに敏感になっている時でも使えます。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプも低刺激で人気のある商品です。
利尻ヘアカラートリートメントと同様に、アルカリ剤、酸化染料、過酸化水素、タール系色素、パラベン、シリコーン、鉱物油、合成香料などを使用していません。

唯一、帯電防止などのために刺激性が強めな界面活性剤を若干使用していますが、アレルギー・パッチテストを徹底しているので、安全性は高いといえるでしょう。

ルプルプには、タカラバイオ社と共同開発したガゴメ昆布の成分フコイダンがたっぷり配合されています。
昆布の中でも粘り成分の保水・保湿作用が非常に強く、髪と頭皮両方のうるおいを守ってくれます。
さらにミネラルたっぷりの粘り成分が髪をコーティングしてくれるので、髪のケアまで手が回らなくなりがちな妊娠中でも髪の健康を守ってくれます。

乾いた髪にも濡れた髪にも使用できるタイプで、乾いた髪なら30分程度、濡れた髪なら10分程度で徐々に色が入り、3回連続使用すればしっかり色づきます。

なお、ルプルプは香りを大切にしており、ラベンダー、ローズマリー、オレンジのエッセンシャルオイルを配合しています。
爽やかな香りですが、人によっては鼻につく時があるかもしれません。

また、ラベンダーオイルやローズマリーオイルは通経作用といって生理を起こしやすくする作用があるため、妊娠初期は使用を控えるか、換気の良いところで使いましょう。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

髪のダメージが気になるという妊婦さんにお勧めなのが、トリートメント効果では群を抜くラサーナ ヘアカラートリートメントです。

ラサーナは元々ヘアエッセンスが有名なシリーズで、染料を洗い流す時から髪がしっとりスルスルになるのがわかるほど。
真珠貝由来成分や羊毛由来成分が髪のキューティクルを保護し、ツヤを与えてくれます。
妊娠中は髪に栄養が届きにくくなるのでゴワゴワパサパサになる人が多いですが、そんな人にお勧めです。

気になる成分は、安全性の高い染料に植物由来の天然色素を3種類使用し、酸化染料、タール系色素、パラベン、シリコーン、鉱物油などが無添加です。

ルプルプ同様、帯電防止や髪に柔軟性を与えるために若干刺激のある界面活性剤が配合されていますが、少量なのでそれほど心配はいらないでしょう。
カラーはダークブラウン1色で、ダークという名の割りには明るめに染まります。

ラサーナは濡れた髪に使用するタイプで、初回は10分、それ以降は5分程度の放置でかなりしっかり色がつきます。
また、染料を洗い流す時に色水がそれほど出ずすすぎ時間が短くて済むので、お腹が大きくなって髪を洗うのがきつくなってきた時にとても助かります。

色持ちは5~6日と上の2点に比べると短めですが、毎日でも使いたくなるくらい髪のトリートメント効果が高いです。

香りはシトラス&フローラル系で、一般的なシャンプーによくあるタイプです。
あまり苦手な女性はいないと思いますが、翌日まで残ったという意見もあるので、シャンプーのニオイが気になる時期は避けたほうが良いかもしれません。

妊娠中は心身ともにナイーブになりがちです。
美容院で染めながら一休みしたい、妊娠中だからこそきれいに染めたいという気持ちはとても良くわかります。

しかし、中には美容院で気持ちが悪くなった、貧血を起こしたという人もいますし、万が一にも胎児ジストレスで胎児に影響があったら大変です。

また、市販品で染める場合は美容院の薬剤より成分の濃度が高いため、過敏になった肌がアレルギーを起こして、頭皮だけでなく顔や首、全身が炎症を起こしたりかぶれたりすることもあります。

できるだけ危険を避けるためにも、ぜひカラートリートメントを使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント