口コミで選ぶ!白髪に悩む女性が使うべきカラートリートメントランキング-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 口コミで選ぶ!白髪に悩む女性が使うべきカラートリートメントランキング
ranking
口コミで選ぶ!白髪に悩む女性が使うべきカラートリートメントランキング
  • facebook
  • twitter
  • LINE
カラートリートメントを口コミを中心にご紹介

最近、カラートリートメントを使用する人がとても増えています。
はっきり言って、白髪染めを使うよりこまめに染めなくてはいけないので、面倒です。
しかし髪の手触りが変わり、ハリやコシが出て、いつの間にか以前よりずっと髪が健康になっているのです。

カラートリートメントに興味がある方、使用してみたけれどイマイチだったという方は、ぜひこの記事で自分に合うカラートリートメントを見つけてくださいね。

カラートリートメントを選ぶ女性が増えています

fuete

ドラッグストアに行くと、ヘアカラーや白髪染めの横に何種類ものカラートリートメントが置かれるようになりました。
それだけ人気が出ているということですね。

カラートリートメントってどんなもの?

ヘアカラートリートメントは、白髪染めで使用されている酸化染料・アルカリ剤、過酸化水素は使用していないカラーリング剤です。

この3つの薬剤はキューティクルを開いて髪のメラニン色素を破壊し、その代わりに酸化染料で色をつけるため、しっかり色が入ります。
また、髪の奥まで浸透しているので、色が褪せることはあっても色落ちはほとんどありません。

しかし、髪の組織を破壊してしまうので非常にもろくなり、髪が痩せてしまいます。
また、アルカリ剤や過酸化水素は頭皮のタンパク質を変質させてしまうため、これから生えてくる髪にも悪影響を及ぼします。

その上、酸化染料は旧表示指定成分になっている成分で、アレルギーを引き起こしアナフィラキシーショックで死亡したという報告もされています。

カラートリートメントではこれらの薬剤を使用せず、主にHC染料と塩基性染料という安全性の高い染料を使用しています。

HC染料はキューティクルの隙間から入り込める小さな分子で、髪の内側を染めます。
塩基性染料は髪の表面にイオンの力で粘着します。
シャンプーごとに少しずつ染料が流出してしまいますが、髪を傷めることがありません。

カラートリートメントを選ぶ女性のほとんどが、白髪染めで髪がダメージを受けた人です。
髪がダメージを受けると、髪は黒くなってもハリやコシがなくなり、結局若々しく見えないどころか、貧弱で老けて見られてしまうのです。

カラートリートメントには養毛・育毛作用がある訳ではありませんが、しばらく使用していると髪が健康になってくることを実感できます。
逆に言えば、白髪染めはそれだけ髪を不健康にするアイテムなのです。

自分に合うカラートリートメントを使っていますか?

カラートリートメントはサスティの利尻ヘアカラートリートメントが最初の製品といわれています。
販売当時、大手メーカーは見向きもしませんでした。

しかし、白髪染めで髪を傷めた女性がカラートリートメントを使用し始めるようになると、資生堂、POLA、DHC、ロート製薬、ダリヤ(サロンドプロ)、新日本製薬、アートネイチャーなどの有名メーカーもこぞって参入し、ブランド力の強さで様々なところで宣伝を打ってくるようになったのです。

現在販売されているカラートリートメントは100種類以上といわれます。
その中から自分に合うものを見つけるのは大変ですから、ついつい有名なものや雑誌などで紹介されたものを選びがちですよね。

もちろん、大手メーカーほど技術力があり、高機能成分を開発しやすいということはあります。
世界のヘアケア情報の入手も早く、大量生産することによって価格も低く抑えられます。

しかし、大手メーカーや雑誌に取り上げられた人気の高いカラートリートメントで満足できなかった場合に、それをヘアカラートリートメント全体の評価にしてしまう人がいますが、それはあまりに短絡的です。
化粧品でもシャンプーでも誰にでも合うというものがないように、カラートリートメントもそれぞれ特徴があり、自分に合ったものを使用しないと期待した結果は得られないのです。

カラートリートメント選びで失敗したという声も

koe

人気があるから合うとは限りません。
口コミを読むと、どんなに人気がある商品にもこんな感想が見られます。

・よく染まるという評判だったが、自分の髪は3回使ってもほとんど染まらない
・何度使っても赤っぽくなる
・数回使用したら頭皮がかゆくなった
・シャンプー後に使ったらあまり染まらず、乾いた髪に使っているが面倒
・髪より頭皮や手が染まり、なかなか落ちない
・クリームが固めで、顔の回りなど細かい部分がうまく塗れない
・クリームが柔らかすぎて、たっぷり塗れない
・トリートメント効果は高いが、しっとりし過ぎる
・ふんわりしすぎて、髪が広がってしまう
・あまりツヤが出ないので、染めた感が出てしまう
・染めた時は良いが、一度シャンプーするとぱさつく
・汗をかいたらタオルにすごく色移りした

こういった意見はカラートリートメント初心者ばかりではありません。
かなりカラートリートメントを使い慣れた人でも、商品によって染まり具合や色持ち、色味、ツヤ感などに差が出るものです。
そのため、できるだけ自分に合ったものを見つけることが大切です。

口コミで選ぶ!カラートリートメントランキング

ranking

最初から何の情報もなく自分に合ったカラートリートメントを見つけることは不可能です。
そこで、口コミが多く、その中でも評判が高いものを特徴ごとに選びました。
口コミの裏付けとして製品の情報もお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「しっかり染まる」と口コミで評判なのはこの3つ

・利尻ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントの先駆者だけあって、使用者の意見を元に何度もマイナーチェンジを繰り返し、現在はHC染料、塩基性染料のほか古くから染料として使用されている植物色素を4種類も配合しています。
そのため、髪が細めの人や白髪が少ない場合は一度でも自然に染まり、3回続けて使えば自毛とほぼ変わらない色まで染まります。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプはバイオテクノロジーの先進企業であるタカラバイオとの協力で開発された製品です。
HC染料、塩基性染料のほか3種類の植物色素を配合しており、さらに髪に負担をかけにくく染まりやすい微アルカリ性に調整してあるため、一度でも白髪が目立たなくなります。

・POLA グローイングショット

グローイングショットは上の2つとは違い、染料はHC染料と塩基性染料のみです。
しかし、染料の大きさを染毛に最適なサイズにしてあるため、一回たった5分でもかなり色づきます。
色が2色しかなく、ブラウンは最初かなり明るめに染まりますが、数回使用すると落ち着いた色になります。

「色持ちが良い」と口コミで評判なのはこの3つ

・利尻ヘアカラートリートメント

色持ちでも利尻は高い評価を得ています。
たとえよく染まっても、髪の状態が悪ければ染料が定着せずどんどん逃げだしてしまいます。
利尻ヘアカラートリートメントには髪にうるおいを与える利尻昆布のほか、ダメージ補修成分や保護成分も配合されているので、髪のキューティクルを守って染料を長い間キープしてくれるのです。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプも色持ちの良さが評判です。
微アルカリ性に調整された成分によって染まりやすく色落ちしにくい上に、髪の修復作用が非常に強いガゴメ昆布を配合しているので、髪のバリアとなって染料の流出を防いでくれます。

・POLA グローイングショット

独自成分の黒米エキスを配合して保湿やエモリエント効果を与え、さらに補修成分や美容成分も配合されているので、髪の表面が保護され、染料が落ちにくいのです。
価格は高めですが、シャンプーしても色落ちが少ないのでコスパは悪くありません。

「刺激が少ない」と口コミで評判なのはこの3つ

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、元々肌が弱くて白髪染めを使用できない社長さんが考案したものだけに、添加物にもとても気を使っています。
酸化染料、アルカリ剤、過酸化水素はもちろん、アレルギーの危険性があるタール系色素やパラベン、鉱物油、シリコーンなども無添加なので、とても刺激が少なくなっています。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプも無香料、無鉱物油、タール系色素・ジアミン系酸化染料不使用で、アレルギーパッチテストも行なっているため、安心して使用できます。
天然成分のガゴメ昆布を高分子化と低分子化し、Wの保湿作用で頭皮の表面だけでなく毛穴の奥まで浸透させ、肌に負担をかけることなく頭皮の奥から健康にしてくれるのです。

・レフィーネヘッドスパ

カラートリートメントなのに頭皮マッサージもできる珍しい製品です。
合成香料やシリコーンなど刺激性の高い化学成分は使用していないので、頭皮や髪にやさしく安全性が高くなっています。

しかも、ドイツファンゴと呼ばれるミネラルたっぷりの泥や天然由来成分を多く配合し、頭皮と髪のケア効果があり、ハリやコシのある髪に導いてくれます。
天然アロマ成分10種類も入っていて、頭皮マッサージしながら心も癒してくれます。

カラーは5種類で、ほかのレフィーネシリーズのカラートリートメントと色を混ぜることができ、自分だけのオリジナルカラーが作れます。

「補修力が高い」と口コミで評判なのはこの3つ

・POLA グローイングショット

グローイングショットは、髪の補修力が群を抜いている製品です。
セラミドやアミノ酸、トチャカエキスなど毛髪補修成分や、コラーゲンやオタネニンジン根エキスなど美容成分が配合されていて、ダメージのある髪を艶のある美髪に導きます。

さらにPOLAの独自成分パウダルコや黒米エキスで頭皮環境も整えてくれるので、髪の健康を根本からサポートしてくれます。

・スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

ウィメンズヘルスクリニックで髪と頭皮の治療を行なっているドクターとの共同開発で作られたカラートリートメントです。
アルガンオイルや椿オイル、ビワ葉エキス、ユーカリ葉エキス、ヒアルロン酸など髪を健やかにする成分がたっぷり配合されており、髪をダメージから保護し、補修を助けてくれます。

3種類の天然色素と浸透型コラーゲン配合、さらにゼインという天然のコーティング成分で染まりも色持ちも悪くありません。
pHを中性にしているので髪や頭皮にもやさしく、髪のダメージをケアしたい人におすすめです。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナはヘアエッセンスを販売しており、その美髪効果には定評があります。
カラートリートメントにも真珠貝由来成分や羊毛由来成分を配合して髪のキューティクルを補修し、さらに保湿効果のあるブルターニュ産海藻エキスも含んでいます。

染料にはHC染料と塩基性染料を使用し、さらに3種類の天然色素でよく染まり、深みのある髪色を作ります。

そのほか、頭皮の保湿や血行促進作用のある成分も配合されているので、頭皮環境を改善し健康な髪づくりに役立ちます。

口コミはどこまで信用できる?

shinyou

自分が使用したことのないものについての情報を得るためには、口コミは重要です。
しかし、最近はかなり怪しげな手口を使って意図的に評判を上げたり下げたりする、いわゆるステマ行為が横行し、本当のレビューではないものもたくさん紛れています。
そこで、口コミの見極め方を簡単に紹介しておきます。

口コミによる評判を正しく見極めるには

・使用した感想がしっかり書かれているか

「私には合いませんでした」「まあまあ染まります」の一言で感想が終わっている場合、実際には使用していないことがほとんどです。
自分の髪はどんな状態でどんな風に使っているか、どうやったらきれいに染まるか、といったことが詳しく書かれているものは信ぴょう性が高いです。

・褒めてばかり、けなしてばかりではないか

称賛、あるいはけなしばかりの口コミはサクラの可能性が高いです。
けなしが妙に感情的な場合は、クレーマータイプの使用者である可能性もあります。
内容に具体性があるか、他の人の口コミにも同じような意見がたくさんあるかをチェックしましょう。

・いつ頃の口コミか

良心的なメーカーはマイナーチェンジを繰り返しています。
1年以上前の口コミは、現在手に入るものとは成分や配合量が変化している場合があるので、あまり信頼しないほうが良いでしょう。

・複数のサイトの口コミをチェックする

アットコスメ、Amazon、楽天市場など、使用者の口コミが多いサイトを中心にいくつかチェックすると、偏りが少なくなります。
こういった大手の通販サイトはステマ行為を監視しており、あまりに不自然な内容は削除されていますから、ある程度信頼できます。

やっぱりカラートリートメント!

yappari

白髪染めを使用し続けていた人がカラートリートメントを使うと、最初は染まり具合の違いに驚くでしょう。
しかし、本当に髪と頭皮のことを考えるなら、カラートリートメントをおすすめします。

髪や頭皮を守りたいならカラートリートメント!

口コミを読むと、初めてカラートリートメントを使用した人の内容は総じて辛口です。
白髪染めと同じ使い方をして、「染まらなかった」と不満を感じている人がかなりいるようです。

しかし、カラートリートメントは白髪染めとは全く違うものです。
特に最初は染まりにくいですから、時間をかけ、保温もしっかりすることが必要です。

その代わり、髪や頭皮への刺激はほとんどなく、しばらく使用していると髪の状態が変わってくることに気づきます。
ハリやコシが出てきて分け目が広がらなくなり、白髪が目立たなくなってきたり、ボリュームが出て若返って見えたりするようになります。

髪が染まりさえすれば良いというのであれば、白髪染めのほうがずっと手間いらずできれいに染まります。
しかし、頭皮のタンパク質を変性させてしまうアルカリ剤や過酸化水素、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がある酸化染料を使用せず、髪と頭皮を健康にしたいのであれば、カラートリートメントを使用することをおすすめします。

すぐに諦めず、長い目で使い続けましょう

カラートリートメントは髪質や状態によっては染まりが悪くなりますし、シャンプーごとに徐々に色落ちするものです。
染まるまでは乾いた髪に使用し、一度染まったら週に1~2回、シャンプー後にトリートメントとして使用するようにすれば、それほど負担を感じずに続けられるのではないでしょうか。

カラートリートメントのTVCMで沢口靖子さんが「週1回でいいの」と言っています。
そんな気持ちで、ヘアケアの一環として使い続けましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント